NLP, MEDICAL and more

ソーシャル・コンピューティング研究室は, 自然言語処理を中心とした情報技術を用いて, 医療を始めとした実社会の変革を出口とした研究課題に取り組み, 多様な応用と科学指向の両面を併せ持つ新しい情報学を開拓します.
  • 学際指向(横への展開)情報学,医学,生物学,言語学,心理学,社会学,幅広い分野を扱いながら共同研究を展開しています
  • 科学指向(縦への深化)情報処理で通常重視される応用/実用化にとどまらず,基礎科学的な知見を追求します
  • ビッグデータ


    Twitterの発言から全国の感染症の流行を推定しています.
    EMNLP2011 (The most cited Japanese paper in EMNLP)

    病の語り


    言語測定技術で認知症や発達障害を捉えています.
    [PLoSONE2016], 特許出願中, 2016山下記念賞

    アウトプット

    # of Journals # of Conf. # of Awards
    2016236
    2015561
    2014547
    20134114
    2012366
    2011224
    高い出版数や受賞数を常にキープしつつ,同時に研究成果の社会還元を行っています.

    見学会

    奈良先端科学技術大学院大学では「いつでも見学会」という仕組みにて,随時研究室や各種設備の見学ができるようになっております.見学希望の方はサイトより,申し込み下さい.