言語を扱う研究における質的分析の基準として

EPISODE BANKは
言語に関する全ての研究(自然言語処理や言語学など)を支援することを目的に
2017年4月に設立されました。
EPISODE BANKに保管されているエピソードは,
言語マーカーを定義する過程で得られた資産であり,
クラウドソーシングにより収集されています.
また,本エピソードは言語の質的分析のための標準データであり,
研究対象でもあると考えております.