[ 著書 | 論文 | 国際会議 | 国内発表 | 解説 | 受賞 | 社会活動 | Reviewer | 共同研究 | 報道 | 特許 | 科研費 | 招待講演 | 展示 | 略歴 ]

研究主導者

荒牧英治, Ph.D.

特任准教授, 奈良先端科学技術大学院大学, 研究推進機構
orcid.org/0000-0003-0201-3609

2000年京都大学総合人間学部卒業. 2002年京都大学大学院情報学研究科修士課程修了. 2005年東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了.博士(情報理工学)取得. 2005年東京大学医学部附属病院特任助教, 2008年東京大学知の構造化センター特任講師, 2015年京都大学デザイン学ユニット特定准教授, 2016年奈良先端科学技術大学院大学特任准教授. 医療情報学,自然言語処理の研究に従事.

研究概要

    電子カルテ文章の言語解析による自動副作用検出システム(第31回医療情報学連合大会,優秀賞, 2012年)など,医療文章解析に関する研究に従事. 同時に,ソーシャルメディアを用いたインフルエンザの流行把握(CLIO Healthcare Awards Gold Awards, 2011年)など,新しいWeb技術の医療応用も試みている.

コンタクト

    〒630-0192 奈良県生駒市高山町8916-5 奈良先端科学技術大学院大学 研究推進機構 ソーシャル・コンピューティング研究室 荒牧英治
    研究分野: 自然言語処理(機械翻訳), 医療情報学(医療テキスト解析)
    所属学会: 言語処理学会,日本認知科学会,情報処理学会,医療情報学会,日本物理学会,ACL

著書

  1. 荒牧英治 (奥村学監修) : 自然言語処理シリーズ 医療言語処理, コロナ社, 2017 (単著).
  2. 荒牧英治, 若宮翔子: 医用人工知能の研究状況と今後, 「何ができるのか?何が必要なのか? 産業利用を考える人のための人工知能・機械学習・ディープラーニング関連技術とその活用」, 情報機構, 2016.
  3. 荒牧英治: ビッグデータことはじめ 〜ビッグデータ解析に必要な基礎スキル〜, 実験医学増刊号「 ビッグデータと生命科学・医療」(編集:永井良三,宮野悟,大江和彦), 羊土社, 2016.
  4. 荒牧英治, 若宮翔子: 岩波データサイエンス4: ソーシャルメディアでインフルエンザ流行を捉える, 岩波書店,2016
  5. 荒牧英治, 日本語学12月号: SNSビッグデータでとらえる言語問題, 22-27, 明治書院,2016
  6. 保田祥,岡本雅史,荒牧英治: テキスト世界と現実世界の差異 ―動物の部位分布における3つのプロトタイプ効果―, 認知言語学論考(12), ひつじ書房, 81-113, 2014.
  7. Eiji Aramaki, Sadao Kurohashi, Hideki Kashioka, Hideki Tanaka: Example-based Machine Translation without Saying Inferable Predicate, Natural Language Processing - IJCNLP 2004: First International Joint Conference Revised Selected Papers (Lecture Notes in Computer Science), Springer, 206-215, 2004.
  8. Hideo Watanabe, Sadao Kurohashi, Eiji Aramaki: Chapter 14: Finding Translation Patterns From Paired Source and Target Dependency Structures, Recent Advances in Example-based Machine Translation, Kluwer Academic Publishers, 397-421, 2003. (citation count: 20)

論文 (査読あり)

    は,corresponding author を示す.
  1. 山下直美 , 葛岡英明,平田圭二,工藤喬,荒牧英治,服部一樹: みまもメイト:「見守る側」と「見守られる側」をつなぐ ヘルスケアアプリケーション, 情報処理学会論文誌,58(5), 981–993, 2017.
  2. Eiji Aramaki, Shuko Shikata, Satsuki Ayaya, Shin-Ichiro Kumagaya: Crowdsourced Identification of Possible Allergy Associated Factors: Automated Hypothesis Generation and Validation using a Crowdsourcing Services, JMIR Research Protocols.
  3. Hayate Iso, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki: Conditional Density Estimation of Tweet Location: a Feature-dependent Approach, Studies in Health Technology and Informatics, MEDINFO 2017: eHealth-enabled Health, Volume 217, 2017.
  4. Eiji Aramaki, Ken Yano, Shoko Wakamiya: MedEx/J: A One-scan Simple and Fast NLP tool for Japanese Clinical Texts, Studies in Health Technology and Informatics, MEDINFO 2017: eHealth-enabled Health, Volume 217, 2017.
  5. 荒牧英治, 若宮翔子: ツイート数と現実の統計量に関する検討 (研究ノート), 統計数理研究所和文誌「統計数理」64(2),233-246, 2017.
  6. 若宮翔子,ヤトフトアダム,河合由起子,秋山豊和,荒牧英治: Twitter における空間差異に基づく群衆の関心分析のための可視化システム構築, 情報処理学会論文誌データベース(TOD), Volume 71, 2016.
  7. Eiji Aramaki , Shuko Shikata, Mai Miyabe, Ayae Kinoshita: Vocabulary Size in Speech may be an Early Indicator of Cognitive Impairment, PLoS ONE, Volume 11 (5), e0155195, 2016. [doi:10.1371/journal.pone.0155195] (Impact Factor=3.2)
  8. 荒牧英治,四方朱子,冨井美子,矢島弘士: SNSは患者のQuality of Lifeを向上させるのか, 医療情報学, Volume 36 (1), 17-23, 2015.
  9. Yumiko Shimamoto, Mai Miyabe, Shuko Shikata, Eiji Aramaki: Mind the Gap between Self-Reported QOL by Patients and Estimated QOL by Medical Staff, Studies in Health Technology and Informatics, MEDINFO 2015: eHealth-enabled Health, Volume 216, 511-514, 2015. (2015/08/19) [doi:10.3233/978-1-61499-564-7-511]
  10. 叶内晨,北川善彬,荒牧英治,岡崎直観, 小町守: Web情報からの罹患検出を対象とした事実性解析・主体解析の誤り分析, 自然言語処理, Volume 22 (5), 363-395, 2015.
  11. Eiji Aramaki, Shuko Shikata, Mai Miyabe, Yasuyuki Usuda, Kousuke Asada, Satsuki Ayaya, Shin-ichiro Kumagaya: Understanding the relationship between social cognition and word difficulty: a language based analysis of individuals with autism spectrum disorder, Methods of Information in Medicine, Volume 54 (6), 522-529, 2015. (2015/09/22) [doi:10.3414/ME15-01-0038] (Impact Factor=1.1)
  12. Akira Sato, Eiji Aramaki, Yumiko Shimamoto, Shiro Tanaka, Koji Kawakami: Blog Posting after Lung Cancer Notification: Content Analysis of Blogs Written by Patients or their Families, Journal of Medical Internet Research (JMIR) Cancer, Volume 1 (1), e5, 2015. (2015/05/18) [doi:10.2196/cancer.3883] (Equal Contribution for first two authors)
  13. Kayo Waki, Hideo Fujita, Yuji Uchimura, Koji Omae, Eiji Aramaki, Shigeko Kato, Hanae Lee, Haruka Kobayashi, Takashi Kadowaki, Kazuhiko Ohe: DialBetics: A Novel Smartphone-based Self-management Support System for Type 2 Diabetes Patients, Journal of Diabetes Science and Technology, Volume 8 (2), 209-215, 2014. (citation count: 15)
  14. 宮部真衣,北雄介,久保圭,荒牧英治: 街歩きイベントを介した位置情報付きの様相記録収集の試み, 情報処理学会論文誌, Volume 56 (1), 207-218, 2014. (2014/10/09)
  15. Mai Miyabe, Akiyo Nadamoto, Eiji Aramaki: How Do Rumors Spread During a Crisis?: Analysis of Rumor Expansion and Disaffirmation on Twitter after 3.11 in Japan, International Journal of Web Information Systems, Volume 10 (4), 394-412, 2014. [doi:http:10.1108/IJWIS-04-2014-0015]
  16. 島本裕美子,河嶋珠実,臼田泰如, 荒牧英治: がん闘病記に表れるユーモアとQOLの関連について -ユーモアの臨床的有用性に関する検討-, 医学図書館, Volume 61 (3), 225-232, 2014. (2014/08/06)
  17. 宮部真衣, 灘本明代,荒牧英治: 人間による訂正情報に着目した流言拡散防止サービスの構築, 情報処理学会論文誌, Volume 55 (1), 563-573, 2013. (2013/10/11)
  18. 白川真澄, 中山浩太郎, 荒牧英治, 原隆浩, 西尾章治郎: WikipediaとWordNetを利用した膨大なテキストコーパスからのクラス間関係抽出の試み, 日本データベース学会論文誌 (DBSJ), Volume 12 (1), 37-42, 2013.
  19. 宮部真衣, 田中弥生, 西畑祥, 灘本明代, 荒牧英治: マイクロブログにおける流言の影響の分析, 自然言語処理, Volume 20 (3), 485-511, 2013.
  20. Emiko Shinohara, Eiji Aramaki, Takeshi Imai, Yasuhide Miura, Masatsugu Tonoike, Tomoko Ohkuma, Hiroshi Masuichi, Kazuhiko Ohe: An easily implemented method for abbreviation expansion for the medical domain in Japanese text: A preliminary study, Methods of Information in Medicine, Volume 52 (1), 51-61, 2013. (2012/12/07) (Impact Factor=1.5)
  21. 宮部真衣, 梅島彩奈,灘本明代, 荒牧英治: マイクロブログにおける流言の特徴分析, 情報処理学会論文誌, Volume 54 (1), 223-236, 2012.
  22. 荒牧英治, 増川佐知子, 森田瑞樹: 文章分類と疾患モデルの融合によるソーシャルメディアからの感染症把握, 自然言語処理, Volume 19 (5), 419-435, 2012. (2012/12/01)
  23. Kayo Waki, Hideo Fujita, Yuji Uchimura, Eiji Aramaki, Koji Omae, Takeshi Kadowaki, Kazuhiko Ohe, DialBetics: Smartphone-based self-management for type 2 diabetes patients, Journal of Diabetes Science and Technology, Volume 6 (4), 983-985, 2012.
  24. 荒牧英治: 自然言語処理技術の病理診断報告書への応用, 病理と臨床, Volume 29 (12), 1303-1307, 2011.
  25. 白川真澄, 中山浩太郎, 荒牧英治, 原隆浩, 西尾章治郎: WikipediaとWebの情報を組み合わせたオントロジ構築の試み, 電子情報通信 学会和文論文誌, Volume 94 (3), 525-539, 2011.
  26. Akiyo Nadamoto, Eiji Aramaki, Takeshi Abekawa, Yohei Murakami, Exacting content holes by comparing community-type content with Wikipedia, International Journal of Web Information Systems, Volume 6 (3), 248-260, 2010. (Outstanding Paper Award Winner)
  27. 白川真澄, 中山 浩太郎, 荒牧英治, 原隆浩, 西尾章治郎: 格助詞付きWeb検索クエリを用いた関連のある概念間の関係抽出, 日本データベース学会論文誌 (DBSJ), Volume 9 (1), 35-40, 2010.
  28. Emiko Yamada, Eiji Aramaki, Takeshi Imai, Kazuhiko Ohe: The Internal Structure of a Disease Name and its Application for ICD Coding, Studies in Health Technology and Informatics, 1010-1014, 2010.
  29. Eiji Aramaki, Yasuhide Miura, Masatsugu Tonoike, Tomoko Ohkuma, Hiroshi Mashuichi, Kayo Waki, Kazuhiko Ohe: Extraction of Adverse Drug Effects from Clinical Records, Studies in Health Technology and Informatics, 739-743, 2010. (citation count: 41)
  30. 宇野良子, 橋本康弘, 岡瑞起, 李明喜, 荒牧英治: 言葉が紡ぐデザイン ~意志抽出への認知言語学の構成論的アプローチ~, 認知科学, Volume 17 (3), 491-498, 2010.
  31. 荒牧英治, 阿辺川武, 村上陽平, 灘本明代: コンテンツホール検索のためのコミュニティ型コンテンツの対話解析, 日本データベース学会論文誌 (DBSJ), Volume 7 (1), 109-114, 2008.
  32. Takeshi Imai, Eiji Aramaki, Masayuki Kajino, Kengo Miyo, Yuzo Onogi, Kazuhiko Ohe: Finding Malignant Findings from Radiological Reports using Medical Attributes and Syntactic Information, Studies in Health Technology and Informatics, Volume 129, 540-544, 2007.
  33. Eiji Aramaki, Takeshi Imai, Masayuki Kajino, Kengo Miyo, Kazuhiko Ohe: A Statistical Selector of the Best among Multiple ICD-coding Methods, Studies in Health Technology and Informatics, Volume 129, 645-649, 2007. (Nominated as the best paper; 約20件/300 件)
  34. 荒牧英治, 今井健, 梶野正幸, 美代賢吾, 大江和彦: 情報検索尺度Okapi-BM25と交換可能語ペアを用いた自動ICDコーディングに関する研究, 医療情報学, Volume 27 (1), 101-107, 2007.
  35. 灘本明代, 阿辺川武, 荒牧英治, 村上陽平: コミュニティ型コンテンツのコンテンツホール抽出手法の提案, 日本データベース学会 Letters, Volume 6 (2), 29-32, 2007.
  36. 荒牧英治, 黒橋禎夫, 柏岡秀紀, 加藤直人: 用例ベース翻訳の確率的モデル化, 自然言語処理, Volume 13 (3), 3-19, 2006.
  37. 荒牧英治, 今井健, 梶野正幸, 美代賢吾, 大江和彦: 医学辞書を用いた用語間関係の自動抽出手法と用語の自動分類手法に関する研究,医療情報学, Volume 25 (6), 463-474, 2006.
  38. 今井健, 荒牧英治, 梶野正幸, 美代賢吾, 大江和彦: 構文情報と医学用語属性を用いた画像診断所見オントロジーの構築の試み, 医療情報学, Volume 25 (6), 395-403, 2006.
  39. 荒牧英治, 黒橋禎夫, 柏岡秀紀, 田中英輝: 用例ベース翻訳のための日英アライメント確信度と日本語類似度を用いた訳語選択, 自然言語処理, Volume 11 (1), 107-123, 2004.
  40. 荒牧英治, 黒橋禎夫, 佐藤理史, 渡辺日出雄: 用例ベース翻訳のための対訳文の句アライメント, 自然言語処理, Volume 10 (5), 75-92, 2003.

国際会議

  1. Camille Marie Ruiz, Kaoru Ito, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki: Loneliness in a Connected World: Analyzing Online Activity and Expressions on Real Life Relationships of Lonely Users, AAAI Spring Symposium on Wellbeing AI: From Machine Learning to Subjectivity Oriented Computing, 2017. (2017/03/29, Stanford University, US)
  2. Naomi Yamashita, Hideaki Kuzuoka, Keiji Hirata, Takashi Kudo, Eiji Aramaki, Kazuki Hattori: Changing Moods: How Manual Tracking by Family Caregivers Improves Caring and Family Communication, In Proceedings of the Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI), 2017. (2017/05/06, Colorado, US) (acceptance ratio is 2?%)
  3. Eiji Aramaki, Yoshinobu Kano, Tomoko Ohkuma and Mizuki Morita: MedNLPDoc: Japanese Shared Task for Clinical NLP, In Proceedings of the International Conference on Computational Linguistics (COLING) workshop on ClinicalNLP. (2016/12/16, Osaka, Japan)
  4. Daisaku Shibata, Shoko Wakamiya, Ayae Kinoshita, Eiji Aramaki: Detecting Alzheimer’s Disease based on Word Category Frequencies, In Proceedings of the International Conference on Computational Linguistics (COLING) workshop on ClinicalNLP. (2016/12/16, Osaka, Japan) (poster)
  5. Hayate Iso, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki: Forecasting Word Model: Twitter-based Influenza Surveillance and Prediction, In Proceedings of the International Conference on Computational Linguistics (COLING), 2016. (2016/12/16, Osaka, Japan) (oral presentation acceptance ratio is 13%)
  6. Shoko Wakamiya, Yukiko Kawai, Eiji Aramaki: After the Boom No One Tweets: Microblog-based Influenza Detection Incorporating Indirect Information, International Conference on Emerging Databases (EDB 2016), 2016. (2016/10/16, Jeju, Korea) (Runner-up Paper Award)
  7. Shoko Wakamiya, Hiroshi Kawasaki, Yukiko Kawai, Adam Jatowt, Eiji Aramaki, Toyokazu Akiyama: Lets Not Stare at Smartphones while Walking: Memorable Route Recommendation by Detecting Effective Landmarks, The ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp) , 2016. (2016/09/12, Heidelberg, Germany)
  8. Eiji Aramaki, Mizuki Morita, Yoshinobu Kano and Tomoko Ohkuma: Overview of the NTCIR-12 MedNLPDoc Task, In Proceedings of the NTCIR12, 71-75, 2016. (2016/06/10, Tokyo, Japan)
  9. Eiji Aramaki, and Shoko Wakamiya: NARS: NTCIR-12 MedNLPDoc Baseline, In Proceedings of the NTCIR12, 87-88, 2016. (2016/06/10, Tokyo, Japan)
  10. Toshihide Saito, Eiji Aramaki, Mai Miyabe, Keiji Hirata: Automatic Classification and Tagging of Blog Articles with the Aim of Supporting Caregivers of Depressed Family Members, In Proceedings the International Multiconference of Engineers and Computer Scientist (IMECS), 303-306, 2016. (2016/03/16, Hong Kong)
  11. Daisuke Kato, Mai Miyabe, Eiji Aramaki, and Akiyo Nadamoto: Sizzle Word Analysis from Multiple Internet Media, In Proceedings of the 4th International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC), 444-451, 2015. (2015/9/2, Taipei, Taiwan)
  12. Shin Kanouchi, Naoaki Okazaki, Mamoru Komachi, Eiji Aramaki, Hiroshi Ishikawa: Who caught a cold ? Identifying the subject who has a symptom, In Proceedings of the Association for Computational Linguistics and International Joint Conference on Natural Language Processing (ACL-IJCNLP), 26-31, 2015. (oral presentation acceptance ratio is 25%) (2015/7/26, Beijing, China)
  13. Yoshiaki Kitagawa, Mamoru Komachi, Eiji Aramaki, Naoaki Okazaki, Hiroshi Ishikawa: Disease Event Detection based on Deep Modality Analysis, In Proceedings of the Association for Computational Linguistics and International Joint Conference on Natural Language Processing (ACL-IJCNLP) Student Research Workshop, 28-34, 2015. (2015/7/26, Beijing, China)
  14. 久保圭,宮部真衣,四方朱子, 荒牧英治, 李在鎬: 音声認識を用いる言語能力測定システム『言秤』の提案, In Proceedings of the 6th International Conference on Computer Assisted Systems for Teaching & Learning Japanese (CASTEL/J), 35-38, 2015. (2015/8/7,Hawaii, US)
  15. Takashi Awamura, Daisuke Kawahara, Eiji Aramaki, Tomohide Shibata, Sadao Kurohashi: Location Name Disambiguation Exploiting Spatial Proximity and Temporal Consistency, In Proceedings of the 3rd International Workshop on Natural Language Processing for Social Media (SocialNLP), 1-9, 2015. (2015/06/05, Colorado, US)
  16. Eiji Aramaki, Shuko Shikata, Eriko Watabe, Mai Miyabe, Yasuyuki Usuda, Satsuki Ayaya, Shinichiro Kumagaya: Allergy Risk Finder: Hypothesis Generation System for Allergy Risks via Web Service, In Proceedings of the MedInfo, e1113, 2015. (Poster) (2015/08/19, São Paulo, Brazil)
  17. Eiji Aramaki Mizuki Morita, Yoshinobu Kano, Tomoko Ohkuma: Overview of the NTCIR-11 MedNLP task, In Proceedings of the NTCIR11, 147-154, 2014. (2014/12/13, Tokyo, Japan) (citation count: 15)
  18. Tetsuaki Nakamura, Kay Kubo, Shuko Shikata, Mai Miyabe, Eiji Aramaki: kyoto: Kyoto University Baseline at the NTCIR-11 MedNLP-2 Task, In Proceedings of the NTCIR11, 155-157, 2014. (2014/12/13, Tokyo, Japan)
  19. Daisuke Kato, Mai Miyabe, Eiji Aramaki, Akiyo Nadamoto: Comparative Analysis of Sizzle Words on the Internet, In Proceedings of the Web-based Applications & Services (iiWAS2014), 440-444, 2014. (Hanoi, Vietnam, 2014/12/06)
  20. Tetsuaki Nakamura, Kay Kubo, Yasuyuki Usuda, Shuko Shikata, Eiji Aramaki: Patients cannot Keep up Posting Blog Articles without Responses, In Proceedings of the iDB Workshop2014, e1, 2014. (2014/07/07, Fukuoka, Japan)
  21. Masumi Shirakawa , Kotaro Nakayama, Eiji Aramaki, Takahiro Hara and Shojiro Nishio: Collecting Conceptualized Relations from Terabytes of Web Texts for Understanding Unknown Terms, In Proceedings of the IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI), 86-93, 2014. (2014/08/12, Warsaw, Poland)
  22. Takashi Okumura, Eiji Aramaki, Yuka Tateisi: Expression of laboratory examination results in medical literature, In Proceedings of the Fourth Workshop on Building and Evaluating Resources for Health and Biomedical Text Processing (BioTxtM), e1-e7, 2014. (2014/05/31, Reykjavik, Iceland)
  23. Mizuki Morita, Masanori Shiro, Shotaro Akaho, Toshihiro Kamishima, Hideki Asoh, Eiji Aramaki, Koiti Hasida, Hakahide Kohro: Arresting Treatment Patterns for Individual Patients in Clinical Big Data: An Exploratory Procedure, In Proceedings of the AAAI 2013 Spring Symposium on Big data becomes personal: knowledge into meaning for better health, wellness and well-being, 98-99, 2014. (2014/03/24, Stanford, US)
  24. Tetsuaki Nakamura, Kay Kubo, Yasuyuki Usuda, Eiji Aramaki: Defining Patients with Depressive Disorder by Using Textual Information, In Proceedings of the AAAI 2013 Spring Symposium on Big data becomes personal: knowledge into meaning for better health, wellness and well-being, 39-44, 2014. (2014/03/24, Stanford, US)
  25. Mizuki Morita, Sachiko Maskawa, Eiji Aramaki: Comparison between Social Media and Search Activity as Online Human Sensors for Detection of Influenza, In Proceedings of the 5th International Symposium on Languages in Biology and Medicine (LBM 2013), 75-79, 2013. (Short Paper) (2013/12/13, Tokyo, Japan)
  26. Takashi Okumura, Yuka Tateisi, Eiji Aramaki: Classification and characterization of clinical finding expressions in medical literature, In Proceedings of the IEEE International Conference on Bioinformatics and Biomedicine (BIBM) (Short paper), 530-534, 2013. (2013/12/21, Shanghai, China)
  27. Akiyo Nadamoto, Mai Miyabe, Eiji Aramaki: Analysis of Microblog Rumors and Correction Texts for Disaster Situations, In Proceedings of the 15th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2013), 44-52, 2013. (2013/12/2, Vienna, Austria)
  28. Yasuhide Miura, Tomoko Ohkuma, Hiroshi Masuichi, Emiko Yamada Shinohara, Eiji Aramaki and Kazuhiko Ohe: Incorporating Knowledge Resources to Enhance Medical Information Extraction, In Proceedings of the 1st Workshop on Natural Language Processing for Medical and Healthcare Fields (IJCNLP), 1-6, 2013. (2013/10/18, Nagoya, Japan)
  29. Takashi Okumura, Eiji Aramaki and Yuka Tateisi: Clinical vocabulary and Clinical finding concepts, In Proceedings of the 1st Workshop on Natural Language Processing for Medical and Healthcare Fields (IJCNLP), 7-13, 2013. (2013/10/18, Nagoya, Japan)
  30. Wailok Tam, Koiti Hasida, Yusuke Matsubara, Eiji Aramaki, Mai Miyabe, Motoyuki Takaai, Hirosi Uozaki and Yo Sato: Proper and Efficient Treatment of Anaphora and Long-Distance Dependency in Context-Free Grammar, In Proceedings of the 1st Workshop on Natural Language Processing for Medical and Healthcare Fields (IJCNLP), 33-37, 2013. (2013/10/18, Nagoya, Japan)
  31. Hideki Asoh, Masanori Shiro, Shotaro Akaho, Toshihiro Kamishima, Koiti Hasida, Eiji Aramaki, Takahide Kohro: Applying inverse reinforcement learning to medical records of diabetes, In Proceedings of the ECML-PKDD Workshop on Reinforcement Learning with Generalized Feedback, e1-e8, 2013. (2013/09/23, Prague, Czech Republic)
  32. Eiji Aramaki, Sachiko Maskawa, Mai Miyabe, Mizuki Morita and Sachi Yasuda: A Word in a Dictionary is used by Numerous Users, In Proceedings of the International Joint Conference on Natural Language Processing (IJCNLP2013), 873-877, 2013. (2013/10/18, Nagoya, Japan)
  33. Hideki Asoh, Masanori Shiro, Shotaro Akaho, Toshihiro Kamishima, Koiti Hasida, Eiji Aramaki, Takahide Kohro: Modeling Medical Records of Diabetes using Markov Decision Processes, In Proceedings of the International Conference on Machine Learning (ICML) Workshop on Role of Machine Learning in Transforming Healthcare, e1, 2013. (2013/07/16, Atlanta, US)
  34. Yasuhide Miura, Tomoko Ohkuma, Hiroshi Masuichi, Emiko Yamada-Shinohara, Eiji Aramaki, Kazuhiko Ohe: UT-FX at NTCIR-10 MedNLP: Incorporating Medical Knowledge to Enhance Medical Information Extraction, In Proceedings of the NTCIR10, 728-731 2013. (2013/06/18, Tokyo, Japan) (The best system at the task 2 among 22 systems from 12 Groups)
  35. Mizuki Morita, Yoshinobu Kano, Tomoko Ohkuma, Mai Miyabe, Eiji Aramaki: Overview of the NTCIR-10 MedNLP task, In Proceedings of the NTCIR10, 696-701, 2013. (2013/06/18, Tokyo, Japan) (citation count: 21)
  36. Hiroto Imachi, Mizuki Morita, Eiji Aramaki: NTCIR10 MedNLP Baseline System, 710-712, In Proceedings of the NTCIR10, 2013. (2013/06/18, Tokyo, Japan)
  37. Mizuki Morita, Soichi Ogishima, Kunihiro Nishimura, Eiji Aramaki, Tateo Ito: Online population-based patient registry to collect and share health-related data of rare disease patients, In Proceedings of the AAAI 2012 Spring Symposium on Data Driven Wellness: From Self-Tracking to Behavior Change, 65-66, 2012. (2013/03/22, Stanford, US)
  38. Eiji Aramaki, Satoshi Miura, Sachi Yasuda, Mai Miyabe, Masaki Murata: Which is Stronger?: Discriminative Learning of Sound Symbolism, In Proceedings of the CogSci (Poster Presentation), 2012. (2012/08/03, Sapporo, Japan)
  39. Sachi Yasuda, Masashi Okamoto, Eiji Aramaki: Ad hoc creature: Lost and added in translation from description to depiction, In Proceedings of the CogSci (Poster Presentation), e1, 2012. (2012/08/03, Sapporo, Japan)
  40. Eiji Aramaki, Sachiko Maskawa, Mizuki Morita: Influenza Patients are invisible in the web, AAAI Spring Symposium on Self-Tracking and Collective Intelligence for Personal Wellness, 5-8, 2012. (2012/03/26, Stanford, US)
  41. Eiji Aramaki, Mai Miyabe, Kayo Waki, Hideo Fujita, Yuji Uchimura, Koji Omae, Masayo Hayakawa, Takashi Kadowaki, Kazuhiko Ohe: Smartphone-based Self Management System for Type-2 Diabetes Patients, In Proceedings of the AAAI Spring Symposium on Self-Tracking and Collective Intelligence for Personal Wellness, 2-4, 2012. (2012/03/26, Stanford, US)
  42. Mai Miyabe, Eiji Aramaki, Asako Miura: Use Trend Analysis of Twitter after the Great East Japan Earthquake, In Proceedings of the Conference on computer-supported cooperative work (CSCW), 1568-1576, 2012 (Poster Presentation). (2012/02/12, Seattle, US) (citation count: 29)
  43. Eiji Aramaki, Sachiko Maskawa and Mizuki Morita: Twitter Catches The Flu: Detecting Influenza Epidemics using Twitter, In Proceedings of the Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP), 1568-1576, 2011. (2011/07/27, Edinburgh, Scotland, UK) (oral presentation acceptance ratio is 15.1%) (citation count: 229)
  44. K. Waki, E. Aramaki, Y. Uchimura, S. Okahata, S. Masukawa, K. Omae, M. Hayakawa, H. Fujita, T. Kadowaki, K. Ohe: Dialbetics: A Novel Smartphone-Based Self-Management Support System for Type 2 Diabetic Patients, In Proceedings of the 4th International Conference on Advanced Technologies and Treatments for Diabetes (ATTD), 209-215, 2011. (2011/02/16, London, UK)
  45. Akiyo Nadamoto, Eiji Aramaki, Takeshi Abekawa, Yohei Murakami:Extracting the Gist of Social Network Services Using Wikipedia, In Proceedings of the 12th International Conference on Information Integration and Web-based Applications and Services (iiWAS), 231-239, 2010. (2010/11/8, Paris, France)
  46. Masahiro Kojima, Masaki Murata, Junichi Kazama, Kou Kuroda, Atsushi Fujita, Eiji Aramaki, Masaaki Tsujida, Yashuhiko Watanabe, Kentaro Torisawa: Using Various Features in Machine Learning to Obtain High Levels of Performance for Recognition of Japanese Notational Variants, In Proceedings of the Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC), 653-660, 2010. (2010/11/4, Sendai, Japan)
  47. Yasuhide Miura, Eiji Aramaki, Tomoko Ohkuma, Masatsugu Tonoike, Daigo Sugihara, Hiroshi Masuichi and Kazuhiko Ohe: Adverse-Effect Relations Extraction from Massive Clinical Records, In Proceedings of the COLING Workshop (In cooperation with Info-plosion) The Second International Workshop on NLP Challenges in the Information Explosion Era (NLPIX), 75-83, 2010. (2010/08/28, Beijing, China)
  48. Akiyo Nadamoto, Eiji Aramaki, Takeshi Abekawa, Yohei Murakami: Outline of a Community-type Content based on Wikipedia, In Proceedings of the 15th International Conference on Database Systems for Advanced Applications (DASFAA), 404-407, 2010. (2010/04/08, Tsukuba, Japan)
  49. Masumi Shirakawa, Kotaro Nakayama, Eiji Aramaki, Takahiro Hara, and Shojiro Nishio: Relation Extraction between Related Concepts by Combining Wikipedia and Web Information for Japanese Language, Proceedings of Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS), 310-319, 2010. (2010/12/01, Taipei, Taiwan)
  50. Akiyo Nadamoto, Eiji Aramaki, Takeshi Abekawa, Yohei Murakami: Content Hole Search in Community-type Content Using Wikipedia, In Proceedings of the 11th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS), 25-32, 2009. (2009/12/05, Malaysia)
  51. Eiji Aramaki, Takeshi Abekawa: Fast decoding and Easy Implementation: Transliteration as Sequential Labeling, t In Proceedings of the Association for Computational Linguistics and International Joint Conference on Natural Language Processing (ACL-IJCNLP) Named Entities Workshop (NEWS), 65-68, 2009. (2009/08/05, Singapore)
  52. Eiji Aramaki, Yasuhide Miura, Masatsugu Tonoike, Tomoko Ohkuma, Hiroshi Mashuichi, Kazuhiko Ohe: TEXT2TABLE: Medical Text Summarization System Based on Named Entity Recognition and Modality Identification, In Proceedings of the Human Language Technology conference and the North American chapter of the Association for Computational Linguistics (HLT-NAACL) Workshop on BioNLP, 185-192, 2009. (2009/06/02, Colorad, US) (citation count: 31)
  53. Akiyo Nadamoto, Eiji Aramaki, Takeshi Abekawa, Yohei Murakami: A Content Hole Search in a Community-type Content, In Proceedings of the International World Wide Web Conference (WWW), 1223-1224, 2009. (2009/08/20, Madrid, Spain)
  54. Akiyo Nadamoto, Eiji Aramaki, Takeshi Abekawa, Yohei Murakami: Searching for Important but Neglected Content from Community-type-content, In Proceedings of the 4th International Conference On Signal-Image Technology & Internet-based Systems (SITIS), 161-168, 2008. (2008/11/30/, Bali, Indonesia)
  55. Eiji Aramaki, Takeshi Abekawa, Yohei Murakami, Akiyo Nadamoto: Discriminative Dialog Analysis Using a Massive Collection of BBS comments, In Proceedings of the International World Wide Web Conference (WWW) Workshop on NLP Challenges in the Information Explosion Era (NLPIX2008), e1, 2008. (2008/08/22, Beijing, China)
  56. Eiji Aramaki, Takeshi Imai, Kengo Miyo, Kazuhiko Ohe: Orthographic Disambiguation Incorporating Transliterated Probability, In Proceedings of the International Joint Conference on Natural Language Processing (IJCNLP), 48-55, 2008. (2008/01/07, Hyderabad, India) (acceptance ratio is 28%) (citation count: 21)
  57. Eiji Aramaki, Takeshi Imai, Kengo Miyo, Kazuhiko Ohe: Support Vector Machine Based Orthographic Disambiguation, In Proceedings of the Conference on Theoretical and Methodological Issues in Machine Translation (TMI), 21-30, 2007. (2007/05/11, Skövde, Sweden)
  58. Eiji Aramaki, Takeshi Imai, Kengo Miyo, Kazuhiko Ohe: UTH: Semantic Relation Classification using Physical Sizes, In Proceedings of the Association for Computational Linguistics (ACL) Workshop on Semantic Evaluations (SemEval), 464-467, 2007. (2007/06/23, Prague, Czech Republic)
  59. Eiji Aramaki, Takeshi Imai, Kengo Miyo, Kazuhiko Ohe: Automatic Deidentification by using Sentence Features and Label Consistency, In Proceedings of the Workshop on Challenges in Natural Language Processing for Clinical Data, e1, 2006. (2007/11/13, Washington DC, US) (citation count: 43)
  60. Eiji Aramaki, Takeshi Imai, Kengo Miyo, Kazuhiko Ohe: Patient Status Classification by using Rule based Sentence Extraction and BM25-kNN based Classifier, In Proceedings of the Workshop on Challenges in Natural Language Processing for Clinical Data, e1, 2006. (2007/11/13, Washington DC, US)
  61. Eiji Aramaki, Takeshi Imai, Masayo Kashiwagi, Masayuki Kajino, Kengo Miyo, Kazuhiko Ohe: Toward Medical Ontology via Natural Language Processing, In Proceedings of the International Joint Conference on Natural Language Processing (IJCNLP) workshop OntoLex, 53-58, 2005. (2005/10/11, Jeju Island, Korea)
  62. Eiji Aramaki, Sadao Kurohashi, Hideki Kashioka, Hideki Tanaka: Probabilistic Model for Example-based Machine Translation, In Proceedings of the MT Summit X, 219-226, 2005. (2005/09/13, Phuket, Thailand) (citation count: 16)
  63. Eiji Aramaki, Sadao Kurohashi: Example-based Machine Translation using Structural Translation Examples, In Proceedings of the International Workshop on Spoken Language Translation (IWSLT), 91-94, 2004. (2004/03/22, Hainan Island, China) (citation count: 12)
  64. Eiji Aramaki, Sadao Kurohashi, Hideki Kashioka, Hideki Tanaka: Example-based Machine Translation without Saying Inferable Predicate, In Proceedings of the International Joint Conference on Natural Language Processing (IJCNLP), 38-45, 2004. (2004/03/22, Hainan Island, China)
  65. Eiji Aramaki, Sadao Kurohashi, Hideki Kashioka, Hideki Tanaka: Word Selection for EBMT based on Monolingual Similarity and Translation Confidence, In Proceedings of the Human Language Technology conference and the North American chapter of the Association for Computational Linguistics (HLT-NAACL) Workshop on Building and Using Parallel Texts: Data Driven Machine Translation and Beyond, 57-64, 2003. (2003/05/11, Edmonton, Canada)
  66. Eiji Aramaki, Sadao Kurohashi, Satoshi Sato, Hideo Watanabe: Finding Translation Correspondences from Parallel Parsed Corpus for Example-based Translation, In Proceedings of the MT Summit VIII, 27-32, 2001. (2001/11/18, Santiago de Compostela, Spain) (citation count: 19)
  67. Hideo Watanabe, Sadao Kurohashi, Eiji Aramaki: Finding Structural Correspondences from Bilingual Parsed Corpus for Corpus-based Translation, In Proceedings of the International Conference on Computational Linguistics (COLING), 906-912, 2000. (2000/08/03, Saarbrücken, Germany) (acceptance ratio is 34%) (citation count: 89)

国内発表

  1. 磯颯,若宮翔子, 荒牧英治: ソーシャルメディアにおける発言位置の分布表現とそれによる不確実性の推定, 第231回自然言語処理研究会・第116回音声言語情報処理研究会,2017. (2017/05/16, 大阪大学, 大阪)
  2. 柴田大作,若宮翔子,木下彩栄, 荒牧英治: 音声発話による認知症スクリーニング技術の開発 -感情表現辞書を用いた発話内容の質的分析-, 医療情報学会春季大会, 2017. (2017/06/03, フェニックスプラザ,福井)
  3. 柴田大作,若宮翔子,伊藤薫, 荒牧英治: JIWC: クラウドソーシングによる日本語感情表現辞書の構築, 言語処理学会 第23回年次大会, 2017. (2017/03/14, 筑波大学)
  4. 矢野憲,若宮翔子,荒牧英治:医療テキスト解析のための事実性判定と融合した病名表現認識器,言語処理学会 第23回年次大会, 2017. (2017/03/14, 筑波大学)
  5. 荒牧英治,岡久太郎,矢野憲,若宮翔子,伊藤薫: 大規模医療コーパス開発に向けて,言語処理学会 第23回年次大会,2017. (2017/03/14, 筑波大学)
  6. 伊藤薫,荒牧英治,磯颯,矢野憲,若宮翔子,安藤俊太郎,西田淳志: 思春期コホートにおける自由記述文長とウェルビーイング,言語処理学会 第23回年次大会, 2017. (2017/03/14, 筑波大学)
  7. 長田颯斗,荒牧英治,宮部 真衣: 音声ファイルを介した言語能力測定可能性の検証, 情報処理学会全国大会. 2017. (2017/03/16,名古屋大学, 愛知)
  8. 谷村里穂,灘本明代,荒牧英治,宮部真衣: マイクロブログにおける郷土料理・ご当地グルメのおいしさ情報に関する分析, 情報処理学会全国大会. 2017. (2017/03/16,名古屋大学, 愛知)
  9. 下室孝平,灘本明代,荒牧英治,宮部真衣: 食事メニュー推薦のためのマイクロブログを用いたユーザの食事嗜好・履歴推定手法の検討, 情報処理学会全国大会. 2017. (2017/03/16,名古屋大学, 愛知)
  10. 井上翔,河合由起子,秋山豊和,安井豪基,川崎洋,若宮翔子,荒牧英治: 地下街歩行者ナビのための人流情報提示システムの提案, 情報処理学会全国大会. 2017. (2017/03/16,名古屋大学, 愛知)
  11. 矢野憲,伊藤薫,若宮翔子,荒牧英治: 深層学習による医療テキストからの固有表現抽出器の開発とその性能評価: 人工知能学会全国大会(JSAI), 2017. (2017/05/23,名古屋, 愛知)
  12. 米良俊輝,若宮翔子,荒牧英治,森嶋厚行: クラウドソーシングのみによる因果関係発見の試み, 人工知能学会全国大会(JSAI), 2017. (2017/05/23,名古屋, 愛知)
  13. 北雄介,荒牧英治,若宮翔子,宮部真衣,河合由紀子,清田陽司 : 広がり続ける100ninmap project ~街歩きから不動産検索まで~ 人工知能学会全国大会(JSAI), 2017. (2017/05/23,名古屋, 愛知)
  14. 柿本大輔,荒牧英治,宮部真衣: 流言拡散防止のための情報確認行動促進システムの開発, ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会(LOIS), 2017. (2017/03/02,石垣島, 沖縄)
  15. 森田真季,荒牧英治,灘本明代,宮部真衣: マイクロブログにおける"おいしさ"情報分類器の適用可能性の検証, ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会(LOIS), 2017. (2017/03/02,石垣島, 沖縄)
  16. 森田真季,荒牧英治,灘本明代,宮部真衣: マイクロブログを用いた飲食店の“ おいしさ ”情報収集手法の構築, 情報処理学会全国大会. 2017. (2017/03/16,名古屋大学, 愛知)
  17. 紀本雅大,荒牧英治,宮部真衣: Twitterにおける流言訂正情報の時間的推移の分析, 情報処理学会全国大会. 2017. (2017/03/16,名古屋大学, 愛知)
  18. Hayate Iso, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki: Conditional density estimation for the origin of social media geolocation, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM Forum 2017) 論文集, H8-4, 2017. (2017/03/08, 岐阜県高山)
  19. 柴田大作,若宮翔子,宮部真衣,大西正輝,山下倫央,野田五十樹,荒牧英治: Twitterによる群衆密度の推定-第29回関門海峡花火大会での実証実験-, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM Forum 2017) 論文集, D6-3, 2017. (2017/03/08, 岐阜県高山)
  20. 柴田大作, 若宮翔子, 木下彩栄, 荒牧英治: 単語カテゴリを用いたアルツハイマー症スクリーニングシステム, 第36回医療情報学連合大会, 2016. (2016/11/24, 東京)
  21. 磯颯, 若宮翔子, 荒牧英治: Twitterを用いたインフルエンザサーベイランスの高度化, 第36回医療情報学連合大会, 2016. (2016/11/24, 東京)
  22. 磯颯,若宮翔子,荒牧英治: ソーシャルメディアにおける発言位置特定とその匿名化, NLP若手の会 (YANS) 第11回シンポジウム, 2016. (2016/08/28, 和歌山)
  23. 柴田大作, 若宮翔子, 木下彩栄, 荒牧英治: 言語処理による語りからの診断支援へ向けて, NLP若手の会 (YANS) 第11回シンポジウム, 2016. (2016/08/28, 和歌山)
  24. 柴田大作, 若宮翔子, 木下彩栄, 荒牧英治: アルツハイマーの発症に伴う代名詞の増加, 情報処理学会 高齢社会デザイン研究会(SIG-ASD), 2016. (2016/08/05, 大阪)
  25. 磯颯,若宮翔子,荒牧英治: 複数時点の単語出現頻度を扱う時系列データモデリング, 情報処理学会 第227回 自然言語処理研究会(SIG-NL), 2016. (2016/07/30, 岡山県立大学) (優秀賞)
  26. 柿本大輔,荒牧英治,宮部真衣: 流言拡散防止のための情報確認行動促進システムの提案, 情報科学技術フォーラム(FIT), 2016. (2016/09/07, 富山)
  27. 西澤元希,荒牧英治,若宮 翔子,宮部真衣: 人はどこで都市の様相について述べるのか?:位置情報とマイクロブログにおける言及地名のずれに関する分析, 情報科学技術フォーラム (FIT), 2016. (2016/09/07, 富山)
  28. 森田真季,荒牧英治,灘本明代,宮部真衣: おいしさ”情報自動抽出におけるシズルワードの比較分析, 電子情報通信学会「言語理解とコミュニケーション(NLC)」「思考と言語(TL)」合同研究会, (2016/06/04,東京)
  29. 荒牧英治, 若宮翔子, 四方朱子, 木下彩栄: 話の冗長性でアルツハイマー病をみつける, 人工知能学会全国大会(JSAI), 2016. (2016/06/07, 福岡)
  30. 荒牧英治: ビッグデータによるアウトブレイク感染症の早期探知ツール開発 , 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED) 迅速・網羅的病原体ゲノム解析法の開発 及び感染症危機管理体制の構築に資する研究班会議, 2016. (2016/04/27, 東京)
  31. 夏苅郁子, 金原明子, 熊倉陽介, 荒牧英治,熊谷晋一郎,笠井清登,池淵恵美,福田正人: 当事者・家族の協力を得て真に価値ある研究をするには何が必要か, 第11回統合失調症学会, 2016. (2016/03/25, 群馬)
  32. 山下直美,葛岡英明,平田圭二,荒牧英治,工藤喬,服部一樹: みまもりねっと:家族看護者のための看護記録用 Web アプリの開発とその効果, インタラクション, 2016. (2016/03/02, 東京) ベストペーパー・アワード
  33. 米良俊輝,平木理恵,若宮翔子,森嶋厚行, 荒牧英治: クラウドソーシングを用いた仮説入手・検証の自動化, データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016), 2016. (2016/03/01, 福岡) (学生プレゼンテーション賞)
  34. 若宮翔子, 八田太一, 藤田みさお, 荒牧英治: ソーシャルメディアを用いた iPS・再生医療に関する話題調査 データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016), 2016. (2016/03/01, 福岡) (poster)
  35. 粟村誉,岡照晃,荒牧英治, 河原大輔,黒橋禎夫: ユーザの健康活動の抽象化に基づく健康アドバイスの自動生成, 言語処理学会 第22回年次大会, 2016. (2016/03/08, 東北大学)
  36. 荒牧英治, 若宮翔子, 四方朱子,木下彩栄: 自然言語処理で話者の能力を測る, 言語処理学会 第22回年次大会, 2016. (2016/03/08, 東北大学)
  37. 岡照晃,粟村誉, 荒牧英治, 河原大輔,黒橋 禎夫: おしゃべりけんこうノート 〜管理栄養士・運動トレーナーのアドバイスに基く健康アドバイス自動生成システム〜, 言語処理学会 第22回年次大会, 2016. (2016/03/08, 東北大学)
  38. 加藤大介,宮部真衣, 荒牧英治, 灘本明代: 類似するシズル感を持つ食品検索手法の提案, データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016), 2016. (2016/03/1,福岡) (学生プレゼンテーション賞)
  39. 柿本大輔,荒牧英治,宮部真衣: 流言拡散防止のための信頼性アウェアネス提供手法の検討, ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会(LOIS), 2016. (2016/03/3,宮古島, 沖縄)
  40. 森田真季,荒牧英治, 灘本明代,宮部真衣: マイクロブログにおける「おいしさ」に言及したシズルツイートの自動抽出, ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会(LOIS), 2016. (2016/03/3,宮古島, 沖縄)
  41. 西澤元希,北雄介,荒牧英治,宮部真衣: 京都の街歩きイベントに基づいた他地域の様相記録自動分類手法:“100ninmap”プロジェクトの応用, 第78回情報処理学会全国大会. (2016/03/10,東京) (学生奨励賞)
  42. 森田真季,荒牧英治,灘本明代,宮部真衣: マイクロブログにおける「おいしさ」に言及したシズルツイートの自動抽出, 第78回情報処理学会全国大会. (2016/03/10,東京)
  43. 柿本大輔,荒牧英治,宮部真衣: 情報の信頼性判断支援のための流言テキストの特徴分析 第78回情報処理学会全国大会. (2016/03/10,東京)
  44. 齋藤俊英,荒牧英治,宮部真衣,平田圭二: うつ病患者の周辺看護者に向けた構造化検索結果の可視化, 第78回情報処理学会全国大会. (2016/03/10,東京)
  45. 延安幸広,加藤大介,宮部真衣, 荒牧英治, 灘本明代: 投稿時期に着目したTwitter上のシズルワードと食品の関連分析 第78回情報処理学会全国大会. (2016/03/10, 東京)
  46. 荒牧英治: 医療ビッグデータの深い言語解析による疾患サーベイランスへ向けて, 日本医療情報学会「医用知能情報学研究会」人工知能学会「医用人工知能研究会」(SIG-AIMED)合同研究会, 2015. (2015/09/29, 東京)
  47. 粟村誉,岡照晃, 荒牧英治, 河原大輔,黒橋禎夫: 行間を読む健康アドバイス生成システムの実現に向けて, 情報処理学会 第223回 自然言語処理研究会(SIG-NL), 2015. (2015/09/27, 広島)
  48. 加藤大介,宮部真衣, 荒牧英治, 灘本明代: シズルワードと時節を考慮した類似食品検索手法の提案, 電子情報通信学会 データ工学研究会, 2015. (2015/09/24, 横浜)
  49. 宮部真衣, 四方朱子, 荒牧英治: 言秤:認知症スクリーニング支援のための言語能力自動測定システムの開発, 第35回医療情報学連合大会, 2015. (2015/11/5, 沖縄)
  50. 荒牧英治, 四方朱子,渡部恵理子, 宮部真衣,臼田泰如,綾屋紗月,熊谷晋一郎: クラウドソーシングによる疾患リスク研究の全自動化の試み, 第35回医療情報学連合大会, 2015. (2015/11/5, 沖縄)
  51. 四方朱子, 宮部真衣, 野田泰葉, 木下彩栄, 荒牧英治: 軽度認知症者の音声テキストの質的検討: 認知症者の無浸襲迅速スクリーニンクの為に, 第2回 情報処理学会ASD研究会. (2015/07/27,立命館大学)
  52. 荒牧英治, 四方朱子, 宮部真衣, 野田泰葉, 木下彩栄: 3分ほどの音声発話で認知症者は見つかるか? 自動音声データの言語処理による認知症スクリーニングの試み, 第1回 情報処理学会ASD研究会. (2015/5/25,東京大学)
  53. 久保圭,宮部真衣,四方朱子,李在鎬, 荒牧英治: 日本語を測る:言語能力測定システムの日本語教育への応用可能性について, 第77回情報処理学会全国大会. (2015/3/19,京都大学)
  54. 仲村哲明,粟村誉,Yiqi Zhang,荒牧英治,河原大輔,黒橋禎夫: ブログ記事に対する健康アドバイスの自動生成に向けて, 第77回情報処理学会全国大会. (2015/3/19,京都大学)
  55. 四方朱子,宮部真衣,木下彩栄,荒牧英治: 我々はもっと想いを記述すべきである — 認知症や発達障害などの自己表現から診断・ケアへ —, 第77回情報処理学会全国大会. (2015/3/19,京都大学)
  56. 齋藤俊英,荒牧英治,宮部真衣,平田圭二: うつ病患者の周辺看護者支援に向けたブログ記事へのタグ付けと分類, 第77回情報処理学会全国大会. (2015/3/18,京都大学)
  57. 叶内晨,小町守,岡崎直観,荒牧英治,石川博: 風邪にかかったのは誰か? 疾患・症状を保有する主体の推定, 言語処理学会 第21回年次大会, 2015. (2014/03/19, 京都大学)
  58. 北川善彬, 小町守, 荒牧英治, 岡崎直観, 石川博: インフルエンザ流行検出のための事実性解析, 言語処理学会 第21回年次大会, 2015. (2014/03/19, 京都大学)
  59. 久保圭,宮部真衣,四方朱子,李在鎬, 荒牧英治: 「『言秤』による日本語運用能力の自動測定:日本語学習者の書き言葉と話し言葉との差異を定量的に示す試み」, 日本語教育学会 2015年春季大会. (2015/5/31,武蔵野大学)
  60. 加藤大介,宮部真衣, 荒牧英治, 灘本明代: インターネット上のメディア毎の「おいしさ」表現比較分析, データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015), 2015. (2015/03/02, 熱海)
  61. 荒牧英治, 宮部真衣: 音声認識を想定したサジェスト機能の可能性の検討, 第34回医療情報学連合大会, 2014. (2014/11/7, 千葉)
  62. 島本裕美子,荒木健治,石井保志,上松幸一,北嶋志保, 熊谷晋一郎,櫻井公恵,瀬戸山陽子,高橋由光, 冨井美子,堀里子,西舘澄人,森田瑞樹,矢島弘士, 和田恵美子,則のぞみ, 荒牧英治: 患者/クライエント/当事者による記録を活かす意見交換会の効果と今後の展開, 第34回医療情報学連合大会, 2014. (2014/11/7, 千葉)
  63. 宮部真衣, 島本裕美子, 荒牧英治: 患者文章からの医療に対する不安・悩みの自動抽出, 第34回医療情報学連合大会, 2014. (2014/11/7, 千葉)
  64. 荒牧英治, 四方朱子, 宮部真衣, 臼田泰如, 浅田晃佑, 綾屋紗月, 熊谷晋一郎: 自閉スペクトラム症者の自伝的記憶の語りの言語処理, 情報処理学会 第215回 自然言語処理研究会(SIG-NL), 2014. (2014/12/15, 東京工業大学)
  65. 荒牧英治,四方朱子,渡部恵理子, 宮部真衣,臼田泰如,綾屋紗月,熊谷晋一郎: クラウドソーシングによるアレルギー・リスク推定 〜 仮説形成から実験までの研究を半自動で行う試み 〜 第6回集合知シンポジウム, 2014. (2014/12/16, 東京工業大学)
  66. 宮部真衣,四方朱子,久保圭, 荒牧英治: 音声認識による認知症・発達障害スクリーニングは可能か?-言語能力測定システム“言秤”の提案-, グループウェアとネットワークサービスワークショップ2014. (2014/11/27, 湯河原, 神奈川) (ベストプレゼンテーション (9%=2件/22件)) (ベストペーパー賞 (9%=2件/22件))
  67. 山下倫央, 荒牧英治, 宮部真衣, 岩田敦之, 大西正輝, 依田育士, 野田五十樹: 大規模群集流動の制御に向けた統合支援サービスの提案, JAWS2014, 2014. (2014/10/27, 宮崎)
  68. 加藤大介, 宮部真衣, 荒牧英治, 灘本明代: Twitter,Web,レシピサイトにおけるおいしさ表現の比較分析, 電子情報通信学会データ工学研究会, 2014. (2014/9/10, 東京)
  69. 宮部真衣, 島本裕美子, 荒牧英治: Webテキストから医療の悩みを抽出する:がん体験者の悩みの自動分類, 第13回情報科学技術フォーラム (FIT2014), 2014. (2014/9/3, 筑波) (FIT奨励賞; 12%=1件/約8件)
  70. 荒牧英治,久保圭,四方朱子: 老いと<ことば>:ブログ・テキストから測る老化, 電子情報通信学会データ工学研究会(DE)/ 情報処理学会 第159回 データベースシステム研究会 (SIG-DBS)/ 情報処理学会 第115回 情報基礎とアクセス技術研究会 (SIG-IFAT)連立研究会, 2014. (2014/08/01, 福岡)
  71. 笠岡(坪山)宜代,前澤友美,高田和子,須藤紀子,荒牧英治,金谷泰宏,下浦佳之,迫和子,小松龍史: 東日本大震災ではどの食糧物資が不足し、食・栄養支援にはどの食糧物資を使ったのか?, 日本災害食学会, 2014. (2014/07/12, 東京) (カゴメ賞(企業賞))
  72. 島本裕美子, 河嶋珠実, 臼田泰如, 荒牧英治: がん闘病記に記述されるユーモアとQOLの関連について, 第19回日本緩和医療学会学術大会, 2014. (2014/06/19, 神戸)
  73. 荒牧英治, 佐藤亮,島本裕美子,田中司朗,川上浩司: 肺がんを告知された患者・家族の本音 ~Webにおける闘病ブログからの情報抽出~, 第19回日本緩和医療学会学術大会, 2014. (2014/06/19, 神戸)
  74. 宮部真衣, 北雄介, 久保圭, 荒牧英治: マイクロブログから場所依存の様相記録を抽出する, 「100ninmap」プロジェクトによる街歩きイベントの実施と応用, 言語処理学会 第20回年次大会, 2014. (2014/03/19, 北海道)
  75. 久保圭, 仲村哲明, 臼田泰如, 荒牧英治: 言及と志向:ヒトが{未来/過去}を想うとき, 言語処理学会 第20回年次大会, 2014. (2014/03/19, 北海道)
  76. 荒牧英治, 四方朱子, 島本裕美子, 久保圭, 宮部真衣, 大熊智子, 狩野芳伸, 森田瑞樹: 日本語カルテをアノテートする, 言語処理学会 第20回年次大会, 2014. (2014/03/19, 北海道)
  77. 臼田泰如, 島本裕美子, 久保圭, 荒牧英治: 闘病記からわからないこと、わかるかもしれないこと -闘病記コーパスを用いた患者像の一致についての考察-, 第5回コーパス日本語学ワークショップ, 2014. (2014/03/06, 東京)
  78. 四方朱子, 荒牧英治: 言語能力検査としての言語処理: 長期間のブログ執筆を継続した認知症の1 例, 言語処理学会 第20回年次大会, 2014. (2014/03/19, 北海道)
  79. 荒牧英治, 久保圭, 仲村哲明, 島本裕美子, 宮部真衣: Augmented Copy: 自然言語処理を重畳するコピー機, インタラクション, 2014. (2014/02/27, 東京)
  80. 仲村哲明, 久保圭, 臼田泰如, 荒牧英治: ソーシャル・カウンセリング: SNSは闘病者の心を癒すのか?, データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM), 2014. (2014/03/04, 淡路島, 兵庫)
  81. 宮部真衣, 灘本明代, 荒牧英治: 有害な流言は訂正されうるか? - Twitter から収集した 1 年間の流言訂正情報の分析-: データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM), 2014. (2014/03/04, 淡路島, 兵庫) (最優秀インタラクティブ賞; 0.6%=1件/約160件)
  82. 加藤大介, 宮部真衣, 荒牧英治, 灘本明代: シズルワードに着目したTwitter 上のおいしさの表現の分析: データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM), 2014. (2014/03/04, 淡路島, 兵庫)
  83. 城真範, 森田瑞樹, 赤穂昭太郎, 麻生英樹, 神嶌敏弘, 荒牧英治, 橋田浩一, 興梠貴英: 心不全治療薬の予測精度比較による最適分類, IBIS2013, 2013. (2013/11/10, 東京工業大学)
  84. 森田瑞樹, 城真範, 赤穗昭太郎, 麻生英樹, 神嶌敏弘, 荒牧英治, 橋田浩一, 興梠貴英: 慢性心疾患における処方パターンを使った状態悪化の抽出, IBIS2013, 2013. (2013/11/10, 東京工業大学)
  85. 宮部真衣,北雄介, 久保圭, 荒牧英治: 街歩きで作り出す都市の様相地図ー位置情報付きの様相記録収集の取り組みー, 東日本大震災におけるTwitterの利用傾向の分析, グループウェアとネットワークサービスワークショップ2013, 2013. (2013/11/28, 山梨)
  86. 荒牧英治, 仲村哲明, 臼田泰如, 久保圭, 宮部真衣: 無意味スケッチ図形を命名する, インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会, (SIG-AM)第5回研究会, 2013. (2013/10/25, 東京)
  87. 荒牧英治, 大熊智子, 狩野芳伸, 森田瑞樹: NTCIR MedNLP-2: 医療分野の言語処理, インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会, (SIG-AM)第5回研究会, 2013. (2013/10/25, 東京)
  88. 北雄介,宮部真衣,荒牧英治: 集合知による街の感じ方の地図のデザイン -街歩きイベント「100人でつくる京都地図」を通じて-, 日本都市計画学会 都市計画報告集, 2013. (2014/11/09, 法政大学, 東京)
  89. 宮部真衣, 灘本明代, 荒牧英治: マイクロブログではどの程度流言が訂正されるのか? -Twitter上での1年間の流言訂正情報の分析-, 第12回情報科学技術フォーラム (FIT2013), 2013. (2013/9/7, 鳥取) (FIT奨励賞; 12%=1件/約8件)
  90. Mizuki Morita, Hideki Asoh, Masanori Shiro, Shotaro Akaho, Eiji Aramaki, Toshihiro Kamishima, Kohich Hasida, Takahide Kohro: Analysis of Drug Prescribing Patterns of Physicians in Patients with both Cardiac and Renal Failure, 生命医薬情報学連合大会, 2013. (2013/10/28-31, 東京)
  91. 荒牧英治, 森田瑞樹, 仲村哲明, 島本裕美子, 宮部真衣: 使いやすい言語処理のための実装例の提案, 第33回医療情報学連合大会 (第14回日本医療情報学会学術大会), 2013. (2013/11/21, 神戸)
  92. 荒牧英治, 大熊智子: NTCIR MedNLP: 本邦初の医療分野の言語処理コンテスト, 第33回医療情報学連合大会 オーガナイズドセッション (第14回日本医療情報学会学術大会). 2013. (2013/11/21, 神戸)
  93. 宮部真衣, 森田瑞樹, 荒牧英治: 医療テキストを対象とした言語処理実装システムとそのデータ構造, 第33回医療情報学連合大会 (第14回日本医療情報学会学術大会), 2013. (2013/11/21, 神戸) (優秀論文賞; 3%=数件/約200件)
  94. 仲村哲明, 宮部真衣, 荒牧英治: オノマトペが属する五感の推定, インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会, (SIG-AM)第4回研究会, 2013. (2013/07/30, 東京大学)
  95. 奥村貴史, 荒牧英治, 建石由佳:疾患知識ベースのcommunity-driven currationと診断支援プラットフォーム, 第30回 SWO研究会, 2013. (2013/08/09, 東京)
  96. 保田祥, 田中弥生, 荒牧英治: 「同じ話である」とはどういうことか,   第32回社会言語科学会大会, 2013. (2013/09/08, 長野)
  97. 城真範, 神嶌敏弘, 橋田浩一, 赤穂昭太郎, 麻生英樹, 荒牧英治, 興梠貴英: 強化学習による心疾患臨床データの分析, 人工知能学会全国大会, 2013. (2013/06/05, 富山)
  98. 川本達郎, 荒牧英治, 増田直紀: ツイッターのフォロー関係に現れる2種類の次数分布, 日本物理学会 春季大会, 2013. (2010/03/22, 岡山)
  99. 白川真澄, 中山浩太郎, 荒牧英治, 原隆浩, 西尾章治郎: WikipediaとWordNetを用いたテラバイト級Web コーパスからのクラス間関係抽出, データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM), 2013. (2013/03/03, 福島)
  100. 森田瑞樹, 荻島創一, 西村邦裕, 荒牧英治: 研究から見た患者主導型の患者レジストリ, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 患者支援団体等が主体的に難病研究支援を実施するための体制構築に向けた研究 研究班第3回研究班会議, 2013. (2013/02/16, 東京大学)
  101. 森田瑞樹, 荻島創一, 西村邦裕, 荒牧英治, 安念潤司, 織田友理子, 近藤健一, 猪井佳子, 永松勝利: JPA研究班の患者レジストリ, 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 患者支援団体等が主体的に難病研究支援を実施するための体制構築に向けた研究 研究班第3回研究班会議., 2013. (2013/02/16, 東京大学)
  102. 荒牧英治, 森田瑞樹: データの利活用技術について -テキスト情報からの医学的情報の抽出の試み- 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 患者支援団体等が主体的に難病研究支援を実施するための体制構築に向けた研究 研究班第3回研究班会議, 2013. (2013/02/16, 東京大学)
  103. 森田瑞樹, 荻島創一, 西村邦裕, 荒牧英治, 安念潤司: 患者の研究参加のあり方を考える:患者レジストリを例に, 全国難病センター研究会 第19回研究大会, 2013. (2013/03/03, 鹿児島)
  104. 西村邦裕, 森田瑞樹, 荻島創一, 荒牧英治, 安念潤司: 希少疾患の患者レジストリについて―情報系研 究者の立場から, 全国難病センター研究会 第19回研究大会, 2013. (2013/03/03, 鹿児島)
  105. 森田瑞樹, 狩野芳伸, 大熊智子, 宮部真衣, 荒牧英治: NTCIR-10 MedNLP Pilot Task:医療分野の言語処理研究の環境整備に向けて, 言語処理学会 第19回年次大会, 2013. (2013/03/13, 名古屋)
  106. 宮部真衣, 田中弥生, 西畑祥, 灘本明代, 荒牧英治: 修辞ユニット分析を用いた東日本大震災における流言テキストの有害性分析, 言語処理学会 第19回年次大会, 2013. (2013/03/13, 名古屋)
  107. 荒牧英治, 増川佐知子, 宮部真衣, 森田瑞樹, 保田祥: 頻出語ではなく使用者が多い語が自然な日本語である, 言語処理学会 第19回年次大会, 2013. (2013/03/13, 名古屋)
  108. 田中弥生, 宮部真衣, 保田祥, 荒牧英治: わかりにくさと修辞ユニット分析, 言語処理学会 第19回年次大会, 2013. (2013/03/13, 名古屋)
  109. Wai Lok Tam, 松原勇介, 橋田浩一, 鷹合基行, 荒牧英治, 宇於崎弘: Linking a Grammar to an Ontology, 言語処理学会 第19回年次大会, 2013. (2013/03/13, 名古屋)
  110. 井上拓也,山田剛一,増田英孝,荒牧英治,中川裕志: ソーシャルメディア上の位置情報付きテキストを利用した行動分析, 情報処理学会 第110回情報基礎とアクセス技術・第89回デジタルドキュメント合同研究発表会. (2013/02/28, 東洋大学)
  111. 簗瀬拓弥,山田剛一,増田英孝,荒牧英治,中川裕志: Twitterを用いた電車遅延の自動通知, 情報処理学会 第110回情報基礎とアクセス技術・第89回デジタルドキュメント合同研究発表会. (2013/02/28, 東洋大学)
  112. 鷹合基行, Tam Wailok, 松原勇介, 荒牧英治, 宮部真衣, 宇於崎宏, 橋田浩一: オントロジーに基づく病理診断報告書の構造化と作成支援, 第102回日本病理学会総会, 2013. (2013/06/06, 札幌)
  113. 保田祥,田中弥生,荒牧英治: 繰り返しにおける独話の変化, 第31回社会言語科学会, 2012. (2012/03/17, 国立国語研究所) (研究大会発表賞; 3%=1件/30件)
  114. 荒牧英治, 増川佐知子, 宮部真衣, 森田瑞樹: テキストのk匿名化, 第155回データベースシステム研究発表会, 2012. (2012/11/19, 東京)
  115. 加藤宏紀, 荒牧英治, 宮部真衣, 吉田稔, 佐藤一誠, 中川裕志: ソーシャルメディアからの地域固有表現の抽出, 第3回集合知シンポジウム-言語理解とコミュニケーション研究会, 2012. (2012/12/19, 東京工業大学)
  116. 白川真澄, 中山浩太郎, 荒牧英治, 原隆浩 西尾章治郎:  WikipediaとFreebaseの知識を利用したテキストからの上位概念間の関係抽出, WebDBフォーラム, 2012. (2012/11/20, 秋葉原) (チームラボ賞)
  117. 保田祥,荒牧英治: 人が同じ話を何度もするとどうなるか?:繰り返しによって生じる物語独話の変化, 日本認知科学会第29回大会 2012. (2012/12/13, 東北大学) 
  118. 森田瑞樹, 荒牧英治: 医療分野における言語処理研究の環境整備に向けての提案, テキストアノテーションワークショップ 2012. (2012/08/06, 東京).  (奨励賞; 16%=3件/18件)
  119. 荒牧英治, 増川佐知子, 森田瑞樹, 保田祥: 日本人のオンライン・コミュニケーション上での平均使用語彙数は8,000語である, 情報処理学会 第208回 自然言語処理研究会(SIG-NL), 2012. (2012/09/03, 仙台) 
  120. 森田瑞樹, 篠原(山田)恵美子, 宮部真衣, 荒牧英治: 受診理由のコーディング支援ツールの開発, 第32回医療情報学連合大会, 2012. (2012/11/16, 新潟) 
  121. 篠原(山田)恵美子,服部圭悟, 三浦康秀, 外池昌嗣, 大熊智子, 増市博, 荒牧英治, 大江和彦: 退院時要約に見られる検査定量値と対応する定性表現文字列の自動抽出, 第32回医療情報学連合大会, 2012. (2012/11/16, 新潟)   (優秀口演賞; 3%=数件/約200件).
  122. 荒牧英治,増川佐知子,森田瑞樹,保田祥: オンライン・コミュニケーション上での平均使用語彙数に関する研究, コーパス日本語学ワークショップ, 2012. (2012/09/07, 国立国語研究所)
  123. 森田瑞樹,荒牧英治: ICPC-2コードの普及を志向した入力支援ツールの開発, 第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 2012. (2012/09/02, 福岡)
  124. 荻島創一, 森田瑞樹, 宮本直, 西村由希子, 荒牧英治, 田中博: Linked Open Dataによる希少・難治性疾患の統合データ, 人工知能学会 セマンティックWebとオントロジー研究会, 2012. (2012/5/9, 情報学研究所)
  125. 宮部真衣, 梅島彩奈,灘本明代,荒牧英治: 人間による訂正情報に着目した流言拡散防止サービスの構築, マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム (DICOMO) , 2012.  (2012/7/5, 石川) (ヤングリサーチャ賞; 10%=30件/300件)
  126. 三浦智, 村田真樹, 保田祥, 宮部真衣, 荒牧英治: 音象徴の機械学習による再現:最強のポケモンの生成, 言語処理学会 第18回年次大会, 2012. (2012/03/13, 広島大学)
  127. 大熊智子,小山田由紀,外池昌嗣,三浦康秀,増市博,荒牧英治,篠原恵美子,大江和彦: カルテの文章における副作用表現の分析, 言語処理学会 第18回年次大会, 2012. (2012/03/13, 広島大学)
  128. 荒牧英治, 宮部真衣, 篠原(山田)恵美子, Tam Wailok, 橋本泰一, 鷹合基行, 宇於崎宏, 橋田浩一: サジェスト選択とタイピングの時間推定のためのモデル, 言語処理学会 第18回年次大会, 2012. (2012/03/13, 広島大学)
  129. 保田祥, 岡本雅史, 荒牧英治: 「犬」と「イヌ」と「いぬ」 ~日本語表記の違いによる動物の部位分布~, 言語処理学会 第18回年次大会, 2012. (2012/03/13, 広島大学)
  130. 宮部真衣, 梅島彩奈,灘本明代, 荒牧英治: 流言情報クラウド:人間の発信した訂正情報の抽出による流言収集, 言語処理学会 第18回年次大会, 2012. (2012/03/13, 広島大学) (優秀賞; 2-3%=数件/約340件)
  131. 谷田和章, 荒牧英治, 佐藤一誠, 吉田稔, 中川裕志: ソーシャルメディアを用いた風邪薬販売量の予測, 言語処理学会 第18回年次大会, 2012. (2012/03/13, 広島大学) (若手奨励賞; 2-3%=数件/約340件)
  132. 橋田浩一,Tam Wailok,橋本泰一,鷹合基行,荒牧英治: オントロジー対応文法理論とその高速処理のためのコンパイレーション 言語処理学会 第18回年次大会, 2012. (2012/03/13, 広島大学)
  133. 梅島彩奈,宮部真衣,荒牧英治,灘本明代: マイクロブログにおける流言マーカー自動抽出のための特徴分析, データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM), 2012. (2012/03/03, 神戸)
  134. 保田祥, 岡本雅史, 荒牧英治: <新しさ>のために循環する表現: 女性向けファッション雑誌「InRed」を材料に, 第29回社会言語科学会, 2011. (2012/03/10, 桜美林大学)   
  135. 宮部真衣, 梅島彩奈, 灘本明代,  荒牧英治: 流言訂正情報に基づいた流言情報クラウドの提案, 第4回楽天研究開発シンポジウム, 2011. (2011/11/19, 東京)
  136. 梅島彩奈,宮部真衣,荒牧英治,灘本明代: 災害時と平常時Twitterにおけるデマとデマ訂正ツイートの特徴分析, データ工学研究会(DE), 2011. (2011/12/09, 東京)
  137. 谷田和章, 荒牧英治, 佐藤一誠, 吉田稔, 中川裕志: Twitterによる風邪流行の推測, マイニングツールの統合と活用&情報編纂研究会, 2011. (2011/10/21, 東京)
  138. 宮部真衣,荒牧英治,三浦麻子: 東日本大震災におけるTwitterの利用傾向の分析, 第148回マルチメディア通信と分散処理・第81回グループウェアとネットワークサービス・第53回電子化知的財産・社会基盤 合同研究発表会, 2011. (2011/09/15, 和歌山) (優秀発表賞; 10%=数件/19件).
  139. 梅島彩奈, 宮部真衣, 荒牧英治, 灘本明代: 災害時Twitterにおけるデマとデマ訂正RTの傾向, 第152回 データベースシステム・第103回 情報基礎とアクセス技術 合同研究発表会, 2011. (2011/8/2/, 立命館大学)
  140. 脇嘉代, 内村祐之, 荒牧英治, 早川雅代, 大前浩司, 藤田英雄, 門脇孝, 大江和彦: ICTを利用した2型糖尿病患者の自己管理支援システム―DialBetics, 第31回医療情報学連合大会, 2011. (2011/11/21, 鹿児島)
  141. 篠原(山田)恵美子,服部圭悟, 三浦康秀, 外池昌嗣, 大熊智子, 増市博, 荒牧英治, 大江和彦: 構文パターンに基づく薬剤副作用情報の自動抽出, 第31回医療情報学連合大会, 2011. (2011/11/21, 鹿児島) (優秀賞; 1.5%=5件/200件)
  142. 荒牧英治, 増川佐知子: マイクロブログ における日本語使用の変化と新語のモデル化, 日本物理学会 秋季大会, 2011. (2011/09/21, 富山大学)
  143. 篠原(山田)恵美子, 荒牧英治, 杉原 大悟, 三浦康秀, 外池昌嗣, 大熊智子, 増市博, 大江 和彦: 文脈情報に基づ いた日本語テキストにおける英語略語の自動展開, 第15回日本医療情報学会春 季学術大会, 2011. (2011/06/17, 千葉)
  144. 荒牧英治, 増川佐知子, 森田瑞樹: Twitter Catches the Flu: 事実性判定を用いたインフルエンザ流行予測, 情報処理学会研究会 自然言語処理201-86 , 2011. (2011/05/17, 東京大学)
  145. 荒牧英治: 大学と企業が距離をおいた学問分野の事例, 言語処理学会 第17回年次大会ワークショップ, 2011. (2011/03/07, 愛知)
  146. 荒牧英治, 増川佐知子: 微小時間における日本語の変化とその法則, 言語処理学会 第17回年次大会, 2011. (2011/03/07, 愛知)
  147. 荒牧英治, 森田瑞樹, 篠原(山田) 恵美子, 岡瑞起: ウェブからの疾病情報の大規模かつ即時的な抽出手法, 言語処理学会 第17回年次大会, 2011. (2011/03/07, 愛知)
  148. 橋本泰一, Tam Wailok, 鷹合基行, 荒牧英治, 宇於崎宏, 橋田浩一: 病理診断報告書作成のためのオントロジーを利用した入力支援, 言語処理学会 第17回年次大会, 2011. (2011/03/07, 愛知)
  149. 萩原正人, 水野貴明, 橋本泰一, 荒牧英治, 竹迫良範: 「不自然言語処理コンテスト」第1回開催報, 言語処理学会 第17回年次大会, 2011. (2011/03/07, 愛知)
  150. 三浦康秀, 外池昌嗣, 大熊智子, 増市博, 篠原(山田)恵美子, 荒牧英治, 大江和彦: 複数文にまたがる関係抽出における構文情報の効果, 言語処理学会 第17回年次大会, 2011. (2011/03/07, 愛知)
  151. 大熊智子, 三浦康秀, 外池昌嗣, 増市博, 篠原(山田)恵美子, 荒牧英治, 大江和彦: 医薬品の副作用調査を目的とした統合的言語処理システム, 言語処理学会 第17回年次大会, 2011. (2011/03/07, 愛知)
  152. 篠原(山田)恵美子, 三浦康秀, 外池昌嗣, 大熊智子, 増市博, 荒牧英治, 大江和彦: 共起・連接頻度グラフに基づいた略語展開語候補生成, 言語処理学会 第17回年次大会, 2011. (2011/03/07, 愛知)
  153. 杉原大悟, 大熊智子, 三浦康秀, 外池昌嗣, 増市博, 山田恵美子, 荒牧英治, 大江 和彦: 表記ゆれ解消手法を利用した副作用表現の獲得, 第30回医療情報学連合大会, 2010. (2010/11/19, 浜松)
  154. 山田恵美子, 荒牧英治, 外池昌嗣, 大熊智子, 三浦康秀, 杉原大悟, 増市博, 大江和彦: 文脈情報を用いた略語の曖昧性解消, 第30回医療情報学連合大会, 2010. (2010/11/19, 浜松)
  155. 荒牧英治, 増川佐知子, 山田恵美子, 脇嘉代, 大江和彦: 電子化により外来カルテ文章の情報量は増加する傾向がある, 第30回医療情報学連合大会, 2010. (2010/11/19, 浜松)
  156. 脇嘉代, 内村祐之, 荒牧英治, 岡畑純江, 早川雅代, 大前浩司, 増川佐知子, 藤田英雄, 門脇孝, 大江和彦: ICTを利用した2型糖尿病患者の管理システムの構築, 第30回医療情報学連合大会, 2010. (2010/11/19, 浜松)
  157. 山田恵美子, 荒牧英治, 大江和彦: 専門的文章の読解支援を目指して, NLP若手の会 第5回シンポジウム, 2010. (2010/09/15, 東京)
  158. 白川真澄, 中山浩太郎, 荒牧英治, 原隆浩, 西尾章治郎: Web検索を用いた関連のある概念間の関係抽出手法, データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM) , 2010. (2010/02/28, 淡路島) (最優秀論文賞; 5%=10件/約200件)
  159. 岡瑞起, 李明喜, 橋本康弘, 宇野良子, 荒牧英治: Augmented Campus:拡張するキャンパス, 第24回人工知能学会全国大会, 2010. (2010/06/09, 長崎)
  160. 小島正裕, 村田真樹, 風間淳一, 黒田航, 藤田篤, 荒牧英治, 土田正明, 渡辺靖彦, 鳥澤健太郎: 機械学習と種々の素性を用いた編集距離の小さい日本語異表記対の抽出, 言語処理学会 第16回年次大会, 928-931, 2010. (2010/03/08, 東京大学)
  161. 荒牧英治, 三浦康秀, 外池昌嗣, 杉原大悟, 大熊智子, 増市博, 大江和彦: 臨床医療テキストの構造化システム, 言語処理学会 第16回年次大会, 337-340, 2010. (2010/03/08, 東京大学)
  162. 荒牧英治, 宇野良子, 岡瑞起: TYPO Writer: ヒトはどのように打ち間違えるのか?, 言語処理学会 第16回年次大会, 966-969, 2010. (2010/03/08, 東京大学) (優秀発表賞; 2%=5件/約270件)
  163. 三浦康秀, 荒牧英治, 外池昌嗣, 杉原大悟, 大熊智子, 増市博, 大江和彦: 電子カルテからの副作用関係の自動抽出, 言語処理学会 第16回年次大会, 78-81, 2010. (2010/03/08, 東京大学)
  164. 灘本明代, 荒牧英治, 阿辺川武, 村上陽平: コミュニティ型コンテンツのコンテンツホール検索, WebDB Forum 2009, 2009. (2009/11/19, 慶応大学)
  165. 荒牧英治, 橋本 康弘, 宇野良子, 河村美雪, 石橋素, 李明喜, 岡瑞起: pingpong: 新しいデザインのための行為抽出エンジン, NLP若手の会 第4回シンポジウム, 2009. (2009/09/30, 京都大学) (奨励賞; 8%=3件/36件)
  166. 山田恵美子, 荒牧英治, 今井健, 大江和彦: Post-coordination病名の文字列内部構造情報を用いたICDコードの修正, 第29回医療情報学連合大会, 2009. (2009/11/21, 広島) (研究奨励賞; 1%=数件/約300件)
  167. 外池昌嗣, 大熊智子, 荒牧英治, 三浦康秀, 増市博, 大江和彦: 自然言語表現の現病歴情報を時系列表形式で表示するシステムとその評価, 第29回医療情報学連合大会, 2009. (2009/11/21, 広島) (優秀口演賞; 2%=数件/約300件).
  168. 灘本明代, 荒牧英治, 阿辺川武, 村上陽平: Wikipedia を用いたコミュニティ型コンテンツの概要抽出に関する研究, 人工知能学会 第23回全国大会, 2009. (2009/06/17, 高松, 香川) (ベストプレゼンテーション賞)
  169. 荒牧英治, 三浦康秀, 外池昌嗣, 大熊智子, 増市博, 大江和彦: 退院サマリ文章可視化システムの構築, 言語処理学会 第15回年次大会, 348-351, 2009. (2009/03/02, 鳥取)
  170. 荒牧英治: Corpus Sharing: 異なるアノテーション体系への自動変換手法, 言語処理学会 第15回年次大会, 833-836, 2009. (2009/03/02, 鳥取)
  171. 灘本明代, 荒牧英治, 阿辺川武, 村上陽平: Wikipediaを用いたコンテンツホール検索の提案, データベース・システム研究会(DBS) 2008(88) 254-264, 2008. (2008/09/14, 筑波大学)
  172. 荒牧英治: 自然言語処理デモンストレーションの改善に向けて, NLP若手の会 第3回シンポジウム, 2008. (2008/09/22, 熱海, 静岡)
  173. 荒牧英治: Web上の会話 における応答関係の推定, 電子情報通信学会 HCG 第3種研究会 ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション(VNV)研究会, 2008. (2008/07/24, 東京大学)
  174. 荒牧英治, 灘本明代, 阿辺川武, 村上陽平: コンテンツホール検索の為のコミュニティ型コンテンツの対話解析, 電子情報通信学会 データ工学ワークショップ(DEWS2008), 2008. (2008/03/09, 東京大学) (優秀若手研究者賞)
  175. 荒牧英治, 今井健, 梶野正幸, 美代賢吾, 大江和彦: Support Vector Machineを用いた医学用語の表記ゆれ解消, 言語処理学会 第14回年次大会, 135-138, 2008. (2008/03/17, 東京大学)
  176. 山田恵美子, 荒牧英治, 大江和彦: 一般向け医学文章の平易化を目的とした医学専門用語の自動獲得, 言語処理学会 第14回年次大会, 143-146, 2008. (2008/03/17, 東京大学)
  177. 荒牧英治, 阿辺川武, 村上陽平, 灘本明代: BBS対話における発話間の応答関係の判定, 言語処理学会 第14回年次大会, 21-24, 2008. (2008/03/17, 駒場)
  178. 今井健, 荒牧英治, 梶野正幸, 美代賢吾, 大江和彦: 階層分類情報を用いた疾患オントロジーの半自動構築, 第27回医療情報学連合大会, 700-703, 2007. (2007/11/23, 神戸)
  179. 山田恵美子, 大江和彦, 荒牧英治: 一般向け医学文書における難解語特定に関する研究, 第27回医療情報学連合 大会, 643-644, 2007. (2007/11/23, 神戸)
  180. 荒牧英治, 今井健, 美代賢吾, 大江和彦: 非文法的かつ断片化されたテキストの頑健な分類, 電子情報通信学会 データ工学ワークショップ (DEWS2007), 2007. (2007/02/28, 広島)
  181. 荒牧英治, 今井健, 梶野正幸, 美代 賢吾, 大江和彦: 自然言語処理によるオントロジー構築支援の試みとその問題 点, 言語処理学会第13回年次大会 併設ワークショップ「言語的オントロジー の構築・連携・利用」, 51-54, 2007. (2007/03/06, 龍谷大学)
  182. 荒牧英治, 今井健, 美代賢吾, 大江和彦: 非文法的かつ断片化されたテキストからの頑健な情報抽出, 言語処理学会 第13回年次大会, 570-573, 2007. (2007/03/06, 龍谷大学)
  183. 金ナヨン, 荒牧英治, 中澤敏明, 黒橋禎夫: 日韓機械翻訳システムにおける敬語翻訳に関する研究, 言語処理学会 第13回年次大会, 23-26, 2007. (2007/03/06, 龍谷大学)
  184. 荒牧英治, 今井健, 梶野正幸, 美代賢吾, 大江和彦: 情報検索手法による長い病名の自動ICDコーディングに関する研究, 第26回医療情報学連合大会, 2006. (2006/11/02, 札幌)
  185. 荒牧英治: 医療情報処理分野における自然言語処理, NLP若手の会 第1回シンポジウム, 2006. (2007/09/15, 名古屋) (優秀発表賞; 11%=2件/17件)
  186. 荒牧英治, 今井健, 梶野正幸, 美代賢吾, 大江和彦: メタ関係を利用したテキストからの人体部位関係の抽出, 言語処理学会 第12回年次大会, 508-511, 2006. (2006/03/14, 慶応大学)
  187. 今井健, 荒牧英治, 梶野正幸, 美代賢吾, 小野木雄三, 大江和彦: 医学用語属性と構文情報を用いた診断報告書からの重要所見情報の抽出, 言語処理学会 第12回年次大会, 89-92, 2006. (2006/03/14, 慶応大学)
  188. 荒牧英治, 今井健, 柏木聖代, 梶野正幸, 美代賢吾, 大江和彦: 自然言語処理による臨床医学オントロジーの自動構築の試み, 第25回医療情報学連合大会/第5回医療情報学会学術大会, 2005. (2006/11/24, 横浜) (若手最優秀賞; 2%=数件/約200件)
  189. 荒牧英治: 参加者としての視点からの評価型ワークショップへの提案, 言語処理学会 第11回年次大会 併設ワークショップ, 2005. (2005/03/14, 香川)
  190. 荒牧英治, 黒橋禎夫, 柏岡秀紀, 加藤直人: 確率的用例ベース翻訳の実現, 言語処理学会 第11回年次大会, 843-846, 2005. (2005/03/14, 香川)
  191. 荒牧英治, 黒橋禎夫, 柏岡秀紀, 田中英輝: 用例ベース翻訳における用言句の簡潔な翻訳の実現, 言語処理学会 第10回年次大会, 45-48, 2004. (2004/03/17, 東京工業大学)
  192. 荒牧英治, 黒橋禎夫, 佐藤理史, 渡辺日出雄: 用例ベース翻訳のためのパラレルコーパスからの対訳対発見, 情報処理学会研究会 自然言語処理144-4, 23-30, 2001. (2001/07/16, はこだて未来大学)

解説/総説

  1. 荒牧英治: 語りの自然言語処理, 臨床心理学増刊号第9号「みんなの当事者研究」 2017.
  2. 荒牧英治: 高齢者の社会的孤立と認知症,その防止, 人工知能学会論文誌 特集号「超高齢社会とAI」 2015.
  3. 荒牧英治,岡崎直観: Web応用タスクにおけるエラー分析 −Twitterを用いた疾患サーベイランスを題材に−, 情報処理学会会誌 Vol7(1)「自然言語処理技術の現状と展望」 2015.
  4. 荒牧英治: 高齢者の社会的孤立と認知症,その防止, 人工知能学会論文誌 特集号「超高齢社会とAI」 2015.
  5. 荒牧英治: 語りのアーカイブ、測定、そしてアドバイス 〜患者の語りを活かす情報技術〜, 人工知能学会論文誌 特集号 2015.
  6. 工藤喬, 荒牧英治: 患者から診るうつ病(2), 福利厚生情報, Volume 3, 2-4, 2015.
  7. 工藤喬, 荒牧英治: 患者から診るうつ病(1), 福利厚生情報, Volme 2, 2-4, 2015.
  8. 荒牧英治, 島本裕美子, 久保圭, 仲村哲明, 四方朱子, 宮部真衣: もう一つの医療ビッグデータ ─闘病記を医療に活かす─, 人工知能学会特集号, 29(1), 599-603, 2014.
  9. 荒牧英治,荒木健治,石井保志,上松幸一, 北嶋志保,熊谷晋一郎,櫻井公恵,瀬戸山陽子,高橋由光,冨井美子,堀里子,西舘澄人,森田瑞樹,矢島弘士,和田恵美子,則のぞみ,島本裕美子: 患者/クライエント/当事者による記録を活かす意見交換会の活動報告, 医療情報学 34巻4号, 2014.
  10. 荒牧英治,増川佐知子,宮部真衣,森田瑞樹: 患者と医師が使う言葉の違い 〜闘病記の医学的な応用に向けて〜, 人工知能学会特集号 28(6), 857-861, 2013.
  11. 森田瑞樹, 荒牧英治: マイノリティのための情報処理 ~難病支援を題材に~, 情報処理学会, Volume 54(8), 834-840, 2013.
  12. 荒牧英治: 言語処理による分析--支援物資の分析, 日本栄養士会雑, Volume 55 (12), 8-9, 2012.
  13. 荒牧英治, 橋本泰一: Twitterからの情報抽出 -感染症情報と被災文化財情報を例にして-, 情報処理学会特集号「不自然言語処理」, Volume 53 (3), 236-240, 2012.
  14. 荒牧英治: TMI-07とMT-Summit XIに参加して, AAMT Journal, Volume 41, 15-16, 2007.
  15. 荒牧英治: i2b2-NLPシェアードタスク・ワークショップに参加して, 医療情報学, Volume 26 (6), 395-399, 2006.
  16. 荒牧英治: MT summit Xに参加して, AAMT Journal, Volume 38, 4-6, 2006.
  17. 黒橋禎夫, 荒牧英治: 機械翻訳の現状と課題, 情報の科学と技術, Volume 55 (8), 326-330, 2005.

受賞

  1. 2016, International Conference on Emerging Databases (EDB 2016), Runner-up Paper Award (研究主導者(PI)として).
  2. 2016, 情報処理学会 第227回 自然言語処理研究会(SIG-NL), 優秀賞 (6%=1件/17件) (研究主導者(PI)として).
  3. 2016, 情報処理学会, 山下記念賞 (共著者として).
  4. 2016, インタラクション2016, ベストペーパー・アワード (共著者として).
  5. 2016, 第78回情報処理学会全国大会, 学生奨励賞 (共著者として).
  6. 2016, データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016), 学生プレゼンテーション賞 (共著者として).
  7. 2016, データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016), 学生プレゼンテーション賞 (共著者として).
  8. 2015, 情報処理学会, 山下記念賞 (研究主導者(PI)として).
  9. 2014, グループウェアとネットワークサービスワークショップ2014, ベストプレゼンテーション (9%=2件/22件) (研究主導者(PI)として).
  10. 2014, グループウェアとネットワークサービスワークショップ2014, ベストペーパー賞 (9%=2件/22件) (研究主導者(PI)として).
  11. 2014, 第13回情報科学技術フォーラム (FIT2014), FIT奨励賞 (15%=1件/約7件) (研究主導者(PI)として).
  12. 2014, 京都大学 学際研究着想コンテスト, 優秀賞 (10%=3件/32件) (研究主導者(PI)として).
  13. 2014, 日本災害食学会, (カゴメ賞(企業賞)) (共著者として).
  14. 2014, 第33回医療情報学連合大会 (第14回日本医療情報学会学術大会), 優秀論文賞 (3%=数件/約200件) (研究主導者(PI)として).
  15. 2014, データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM), 最優秀インタラクティブ賞 (0.6%=1件/約160件) (研究主導者(PI)として).
  16. 2013, 京都大学 学際研究着想コンテスト, 奨励賞 (研究主導者(PI)として).
  17. 2013, 第12回情報科学技術フォーラム (FIT2013), FIT奨励賞 (12%=1件/約8件) (研究主導者(PI)として).
  18. 2013, 第32回医療情報学連合大会, 優秀口演賞 (3%=数件/200件) (共著者として).
  19. 2013, 第31回社会言語科学会, 研究大会発表賞 (3%=1件/30件) (研究主導者(PI)として).
  20. 2012, WebDBフォーラム, 企業賞(チームラボ賞) (共著者として).
  21. 2012, 言語処理学会 第18回年次大会, 優秀賞 (2-3%=数件/約340件)(研究主導者(PI)として).
  22. 2012, 言語処理学会 第18回年次大会, 若手奨励賞 (2-3%=数件/約340件) (共著者として).
  23. 2012, テキストアノテーションワークショップ 2012, 奨励賞 (16%=3件/18件) (研究主導者(PI)として).
  24. 2012, マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム(DICOMO), ヤングリサーチャ賞 (10%=30件/300件) (研究主導者(PI)として).
  25. 2012, 第31回医療情報学連合大会, 優秀賞 (1.5%=5件/300件) (共著者として).
  26. 2011, CLIO Healthcare Awards 2011, Gold Awards (最高賞) (技術提供サイト「カゼミル」による)(世界最高峰の広告コンクール)
  27. 2011, Spikes Asia Advertising festival (スパイクス アジア 広告祭) 2011, デジタル部門 Gold Awards (第二位)(技術提供サイト「カゼミル」による)
  28. 2011, 第81回グループウェアとネットワークサービス研究会, 優秀発表賞 (研究主導者(PI)として)(10%=2件/19件).
  29. 2011, Emerald Literati Network 2011 Awards for Excellence, Outstanding Paper Award Winner (共著者として).
  30. 2010, 言語処理学会 第16回年次大会, 優秀発表賞 (2%=5件/270件).
  31. 2010, 第29回医療情報学連合大会, 研究奨励賞 (2%=数件/300件) (共著者として).
  32. 2010, 第29回医療情報学連合大会, 優秀口演賞 (2%=数件/300件) (共著者として).
  33. 2010, データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM), 最優秀論文賞 (共著者として) .
  34. 2009, NLP若手の会:第4回シンポジウム, 奨励賞 (8%=3件/36件).
  35. 2009, 人工知能学会:第23回全国大会(JSAI2009), ベストプレゼンテーション賞 (共著者として) .
  36. 2008, 日本データベース学会 / 電子情報通信学会データ工学研究会 / 情報処理学会データベースシステム研究会, 優秀若手研究者賞.
  37. 2006, NLP若手の会:第1回シンポジウム, 優秀発表賞 (11%=2件/17件).
  38. 2005, 第25回医療情報学連合大会/第5回医療情報学会学術大会, 若手最優秀賞 (2%=数件/約200件).
  39. 2001, 情報処理振興事業協会(IPA) 未踏ソフトウェア創造事業, 天才プログラマ/スーパークリエータ 「パーソナライズドインターネット視聴システム」.
  40. 2000, 情報処理振興事業協会(IPA) 未踏ソフトウェア創造事業, 天才プログラマ/スーパークリエータ 「自然言語パートを含む暗意ー実現モデルによる自動作曲システム」

社会活動

  1. 平成29年 (2017), 人工知能学会, 代議員.
  2. 平成29年 (2017), PACLING 2017, Programming Committee.
  3. 平成29年 (2017), 情報通信審議会技術戦略委員会 次世代人工知能推進戦略委員会, 構成委員.
  4. 平成29年 (2017), IEEE Computer-Based Medical Systems (CBMS21017), Programming Committee.
  5. 平成29年 (2017), BigComp2017, Programming Committee.
  6. 平成29年 (2017), DEIMフォーラム2017, プログラム委員.
  7. 平成29年 (2017), Workshop on Building and Evaluating Resources for Biomedical Text Mining (BioTxtM 2016), Programming Committee.
  8. 平成29年 (2017), Workshop on Mining Online Health Reports (MOHRS 2017), Programming Committee.
  9. 平成28年 (2016), 科学技術振興機構「研究開発の俯瞰報告書」(ライフサイエンス・臨床医学分野), 執筆協力者.
  10. 平成28年 (2016), International Workshop on Pattern Recognition for Healthcare Analytics (IWPRHA 2016), Programming Committee.
  11. 平成28年 (2016), International Conference on Emerging Databases, Programming Committee.
  12. 平成28年 (2016), COLING, Programming Committee (Area of Demo Paper).
  13. 平成28年 (2016), Workshop on Building and Evaluating Resources for Biomedical Text Mining (BioTxtM), Programming Committee.
  14. 平成28年 (2016), The second Medical Information Retrieval workshop in SIGIR (MEDIR), Programming Committee.
  15. 平成28年 (2016), BioNLP, Programming Committee.
  16. 平成28年 (2016), 第20回医療情報学会春季学術大会,プログラム委員.
  17. 平成28年 (2016), DEIMフォーラム2016, プログラム委員.
  18. 平成27年 (2015), ICIW2016 (The International Conference on Internet and Web Applications and Services), Programming Committee.
  19. 平成27年 (2015), WebDB Forum 2015, プログラム委員.
  20. 平成27年 (2015), BigComp2016, Programming Committee.
  21. 平成27年 (2015)〜平成30年 (2018), 情報処理学会論文誌,査読委員.
  22. 平成27年 (2015), 第35回医療情報学連合大会(第16回日本医療情報学会学術大会),実行委員.
  23. 平成27年 (2015)〜平成31年 (2019) 日本医療情報学会 医用知能情報学研究会, 幹事.
  24. 平成27年 (2015), 情報処理学会 自然言語処理研究会,運営委員.
  25. 平成27年 (2015), 情報処理学会 高齢社会デザイン研究会,運営委員.
  26. 平成27年-平成29年 (2015-2017), 情報処理学会論文誌データベーストランザクション,編集委員.
  27. 平成27年 (2015), BioNLP, Programming Committee.
  28. 平成26年 (2014), International Workshop on Pattern Recognition for Healthcare Analytics (IWPRHA2014), Programming Committee.
  29. 平成26年 (2014), Journal of Annals of Translational Medicine & Epidemiology, Editorial Board.
  30. 平成26年-平成28年 (2014-2016), 電子情報通信学会 HCG 第3種研究会ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション研究会,専門委員
  31. 平成26年 (2014), 情報処理学会 高齢社会デザイン研究会,発起人.
  32. 平成26年 (2014), 第34回医療情報学連合大会(第15回日本医療情報学会学術大会),実行委員.
  33. 平成26年 (2014), FIT2014,分野担当委員.
  34. 平成26年 (2014), 言語処理学会年次大会,実行委員.
  35. 平成26年 (2014), BioNLP, Programming Committee.
  36. 平成26年 (2014), COLING, Programming Committee (Area of Sentiment Analysis, Opinion Mining and Social Media).
  37. 平成26年 (2014), データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014), コメンテータ.
  38. 平成25年 (2014), ICPR (International Conference on Pattern Recognition) Workshop on Pattern Recognition for Healthcare Analytics, Programming Committee.
  39. 平成25年 (2013), ヒューマンインタフェース学会論文誌 特集号「クラウドインタラクション」,編集委員.
  40. 平成25年 (2013), The 5th International Symposium on Languages in Biology and Medicine (LBM2013), Programming Committee.
  41. 平成25年 (2013), 言語処理学会二十周年記念,論文賞選定委員.
  42. 平成25年 (2013), The 6th International Joint Conference on Natural Language Processing - System Demonstrations (IJCNLP2013), Programming Committee.
  43. 平成25年 (2013), The 6th International Joint Conference on Natural Language Processing - the NLP for Medical Applications area of IJCNLP (IJCNLP2013), Programming Committee.
  44. 平成25年 (2013), オーガナイズドセッション「NTCIR MedNLP: 本邦初の医療分野の言語処理コンテスト」,提案者. (2013/11/23, 神戸)
  45. 平成25年 (2013), Workshop on Language Processing and Crisis Information (IJCNLP2013 Workshop), Programming Committee.
  46. 平成25年 (2013), The First Workshop on Natural Language Processing for Medical and Healthcare Fields (IJCNLP2013 Workshop), Chair.
  47. 平成25年 (2013), The Workshop on BioNLP 2013, Programming Committee.
  48. 平成24年 (2012), 言語処理学会 第19回年次大会 テーマセッション「防災・減災・災害時における言語情報処理」,提案者.
  49. 平成24年 (2012), 言語処理学会 第19回年次大会 テーマセッション「医療における自然言語処理の資源とアプリケーションの整備に向けて」,提案者.
  50. 平成24年 (2012), NTCIR Pilot Task: Medical NLP, Chair.
  51. 平成25年 (2013), 情報処理学会 情報基礎とアクセス技術(SIG-IFAT),研究会幹事
  52. 平成24年 (2012), 言語処理学会 特集号「災害情報と言語処理」,編集委員.
  53. 平成24度 (2012), 電子情報通信学会 HCG 第3種研究会 ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション研究会,専門委員.
  54. 平成24年 (2012), 言語処理学会 特集号「不自然言語処理」,編集委員.
  55. 平成24年 (2012), 情報処理学会論文誌,査読委員.
  56. 平成24年 (2012), AAAI 2013 Spring Symposium, Theme Session Programming Committee.
  57. 平成24年 (2012), 電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ和文論文誌,編集委員.
  58. 平成24年 (2012), The Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing and Conference on Computational Natural Language Learning (EMNLP-CoNLL2012), Programming Committee (area of Semantics).
  59. 平成24年 (2012), ICPR (International Conference on Pattern Recognition) Workshop on Pattern Recognition for Healthcare Analytics, Programming Committee.
  60. 平成23年 (2011), The European Chapter of the Association for Computational Linguistics (EACL2012), Programming Committee (area of NLP Application).
  61. 平成23年 (2011), AAAI 2012 Spring Symposium, Theme Session Programming Committee.
  62. 平成23年度 (2011), 内閣府 総合科学技術会議 「平成 23 年度概算要求における科学・技術関係施策の優先度判定」外部専門家.
  63. 平成22-23年 (2010-2012), 言語処理学会 論文誌 編集委員.
  64. 平成22年 (2010-2011), 言語処理学会 第17回年次大会 プログラム委員.
  65. 平成21年 (2009-2010), 情報処理学会 自然言語処理研究会 (NL) 運営委員.
  66. 平成21年 (2009-2010), 言語処理学会 第16回年次大会 実行委員.
  67. 平成21年 (2009-2010), 言語処理学会 第16回年次大会 プログラム委員.
  68. 平成20年 (2008-2009), 言語処理学会 第15回年次大会 発表賞選考委員.
  69. 平成19年 (2008), 情報大航海PJ 連携フレームワーク部会委員.
  70. 平成18年 (2007-2008), 言語処理学会 第14回年次大会 プログラム委員.
  71. 平成17年 (2006-2007), 言語処理学会 第13回年次大会 発表賞選考委員.
  72. 平成16年 (2005-2006), 言語処理学会 若手の会 (Young researcher Association for NLP Studies) プログラム委員.

Reviewer

  1. Journal of Computer Methods and Programs in Biomedicine (2017)
  2. Journal of the Association for Information Science and Technology (JASIST) (2016)
  3. Global Journal of Flexible Systems Management (2016)
  4. Communications in Statistics - Simulation and Computation (2016)
  5. Peer J (2015)
  6. IEICE Transactions on Inforamtion and System (2015)
  7. Journal Medical Internet Research (JMIR) (2015)
  8. PLOS One (2015)
  9. Information Retrieval Journal (2015)
  10. Journal Medical Internet Research mHealth and uHealth (JMU) (2015)
  11. Information Retrieval Journal (2014)
  12. Journal of Annals of Translational Medicine & Epidemiology (2014)
  13. Journal of General and Molecular Virology (2014)
  14. Journal of Epidemiology (2014)
  15. ACM Transactions on Information Systems (2014)
  16. PLOS One (2013)
  17. IEICE Transactions of BioMedicine (2012)
  18. Pharmacoepidemiology and Drug Safety (2012)
  19. Journal of Computer-Mediated Communication (2012)
  20. BMC Bioinformatics (2011)
  21. Transactions on Information Systems TOIS (2011)
  22. International Journal of Urology (2011)
  23. Computational Intelligence (2011)
  24. Applied Clinical Informatics (2010)
  25. Transactions on Audio, Speech and Language Processing (2009)
  26. IEICE Transactions on Information and Systems (2006)

共同研究

  1. 平成28年度 (2016), 福島県立医科大学, 福島県脳卒中発症調査における電子カルテデータの自然言語処理によるスクリーニングに関する研究.
  2. 平成28年度 (2016), 群馬県, 胃腸炎をモデルとした群馬県内における健康危機管理のための感染症情報システムの構築.
  3. 平成28年度 (2016), 京都大学iPS細胞研究所, ウェブ上でのiPS細胞及び再生医療に関連した情報の医療倫理に関する研究.
  4. 平成28年度 (2016), ネクスト社, ソーシャルメディアを用いた街の雰囲気抽出に関する研究.
  5. 平成28年度 (2016), 株式会社ハカルス, 健康デバイス開発に関する研究.
  6. 平成28年度 (2016), モスフードサービス株式会社, SNSからの食品情報取得に関する研究.
  7. 平成28年度 (2016), 株式会社メディエイド がん患者のためのソーシャルネットワークサービスの高度化に関する研究.
  8. 国立感染症研究所 , 迅速・網羅的病原体ゲノム解析法の開発及び感染症危機管理体制の構築に関する研究.
  9. 平成27年度 (2015), NTT CS研・はこだて未来大学・筑波大学・大阪大学, SNSによるうつ病の患者家族支援に関する研究
  10. 平成27年度 (2015), 東京ティーンコホート, 思春期の青少年の言語測定に関する研究
  11. 平成27年度 (2015), 京都大学株式会社オージースポーツ , 次世代健康手帳開発に関する研究
  12. 平成27年度 (2015), WEb ニフティとの共同研究, 高齢者の言語能力の変化に関する研究.
  13. 平成27年 (2015), 東北メディカルメガバンク機構.
  14. 平成23年 (2011), エスエス製薬, ソーシャルメディア解析の技術提供.

報道

  1. 産経新聞(2017年4月20日)インフルエンザ予測に関する研究.
    「つぶやき」でインフル流行、いち早く予測…人工知能が「熱」「吐き気」など解析、花粉症にも応用可能 奈良先端科技大
  2. 日経BP「認知症」特集(2017年3月14日発売)認知症研究.
  3. 日本経済新聞(夕刊;2017/12/24)認知症研究.
  4. NHK「ニュースほっと関西」(2017/02/17)インフルエンザ予測.
  5. NHK「ならナビ」(2017/02/17)インフルエンザ予測.
  6. 日刊工業新聞(2017/02/02)ソーシャルメディア上の位置特定研究.
  7. 日経産業新聞 (2017/01/22) インフルエンザ研究.
  8. Japan Times (2017/01/23) 花粉症研究.
  9. 日本経済新聞(夕刊;2016/12/24)認知症研究.
    ne
  10. NHK「オイコノミア」 (2014/04/09)「インフルくん」
  11. TBS放送「ひるおび!」 (2013/10/31) ソーシャルメディアを用いたインフルエンザの流行推定.
  12. NHK放送「ニュースウォッチ9」 (2013/10/21) ソーシャルメディアを用いたインフルエンザの流行推定

特許

  1. 特許2016-036988,診断装置,診断方法,及び診断プログラム, 荒牧英治, 平成27年2月29日.
  2. 特許2011-170493 (公開記事2013-037404),情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム,荒牧英治, 颯々野学, 牧野恵, 内海慶, 塚本浩司, 平成22年8月3日.
  3. 特願2005-069375,機械翻訳装置及びコンピュータプログラム,荒牧英治, 黒橋禎夫, 柏岡秀紀, 加藤直人,平成17年3月11日.
  4. 特願2004-236972,句アライメント装置,及びコンピュータプログラム,荒牧英治, 黒橋禎夫, 柏岡秀紀, 加藤直人,平成16年8月17日.
  5. 特願2003-368241,用例ベース翻訳のための用例利用装置,荒牧英治, 黒橋禎夫, 柏岡秀紀, 田中英輝,平成15年10月29日.

科研費

  1. 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)(重点領域型研究開発), 2017年(H29.4)〜2019年(H31.3), 「Memorable-Route Recommendation System for Safe and Attractive Paths to Diverse Kinds of Pedestrians」, 研究分担者:荒牧英治, 1,824千円(期間全体), (研究代表者:Adam Jatowt,課題全体:19,960千円).
  2. 科学研究費補助金 基盤研究(A), 2017年(H29.4)〜2019年(H31.3), 「家庭内コミュニケーションの活性化により精神疾患患者の症状改善を促す情報環境の構築」, 研究分担者:荒牧英治, 4,790千円(期間全体), (研究代表者:山下直美,課題全体:49,770千円).
  3. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED) 臨床研究等ICT基盤構築研究事業, 2017年(H29.1)〜2018年(H30.3), 「 総合診療医の診療支援及び診療業務効率化の支援基盤構築に関する研究」, 46,000千円(期間全体), (研究代表者:永井良三,期間全体:370,000千円).
  4. 厚生労働科学研究費補助金(臨床研究等ICT基盤構築研究事業), 2016年(H28.10)〜2017年(H29.10), 「カルテ情報の自動構造化システムと疾患数理モデルの逐次的構築,及び,自動構造化機能を有した入力機構の開発」, 26,000千円(期間全体), (研究代表者:荒牧英治,期間全体:28,000千円).
  5. 新学術領域研究, 2016年(H28.4)〜2022年(H34.3), 「思春期からの主体価値の発展過程解明」, 24,000千円(期間全体), (研究代表者:笠井清登,期間全体:325,400千円).
  6. 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究, 2016年(H28.4)〜2019年(H31.3), 「自然言語処理解析による認知症の低侵襲・早期発見に関する研究」, 2,500千円(期間全体), (研究代表者:荒牧英治) .
  7. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED) 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業, 2016年(H28.4)〜2019年(H31.3), 「迅速・網羅的病原体ゲノム解析法の開発及び感染症危機管理体制の構築に資する研究」, 21,000千円(期間全体), (研究代表者:黒田誠,期間全体:111,000千円).
  8. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)臨床研究等ICT基盤構築研究事業, 2015年(H27.10)〜2019年(H31.3), 「医用知能情報システム基盤の研究開発」, 研究分担者:荒牧英治, 1,000千円(期間全体), (研究代表者:大江和彦,課題全体:705,850千円).
  9. 科学研究費補助金 基盤研究(B), 2014年(H26.4)〜2016年(H28.3), 「うつ病患者の家族看護者のストレス軽減を支援する情報技術に関する研究」, 研究分担者:荒牧英治, 2,400千円(期間全体), (研究代表者:山下直美,課題全体:19,952千円).
  10. 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究, 2013年〜2015年, 「テキストの安全な匿名化に関する研究」, 研究代表者:荒牧英治, 2,800千円(期間全体).
  11. 科学研究費補助金 基盤研究(C), 2011年〜2013年, 「肝臓移植適応の評価・登録を至適タイミングで行うための予測モデルの作成」, 連携研究者:荒牧英治(代表者:山敷宣代).
  12. 科学研究費補助金 基盤研究(A), 2011年〜2014年, 「確率関係モデルによる医療臨床データの高度活用に関する研究」, 研究分担者:荒牧英治, 47,970千円(期間全体), (代表者:麻生英樹).
  13. 科学研究費補助金 若手研究(A), 2011年〜2014年, 「表記ゆれ及びそれに類する現象の包括的言語処理に関する研究」, 研究代表者:荒牧英治, 17,940千円.
  14. 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究, 2010年〜2012年, 「ダミー診療録の構築および自動構造化に関する研究」, 研究代表者:荒牧英治, 3,350千円.
  15. 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等克服研究事業), 2012年〜2014年, 「患者支援団体等が主体的に難病研究支援を実施するための体制構築に向けた研究」, 研究分担者:荒牧英治(代表者:伊藤建雄), 2,400千円.
  16. 科学研究費補助金 特定研究, 2009年〜2011年, 「コミュニティ型コンテンツのコンテンツホール検索の研究」, 研究分担者:荒牧英治(研究代表者:灘本明代), 5,000千円.
  17. 科学研究費補助金 基盤研究(B), 2009年〜2011年, 「Wikipediaマイニングによる大規模Webオントロジの構築」, 研究分担者:荒牧英治(研究代表者:中山浩太郎), 10,010千円.
  18. 科学研究費補助金 若手研究(A), 2008年〜2011年, 「非文法的かつ断片化したテキストからの情報抽出に関する研究」, 研究代表者:荒牧英治, 9,980千円.
  19. 科学研究費補助金 特定研究,2007年〜2009年,「Web2.0時代のコミュニティ型コンテンツホール検索に関する研究」,研究分担者:荒牧英治(研究代表者:灘本明代),5,800千円.
  20. 科学研究費補助金 若手研究(B),2006年〜2008年,「臨床医療コーパスの構築に関する研究」,研究代表者:荒牧英治,2,000千円.
  21. 戦略的創造研究推進事業さきがけ(5年型),2010年〜2015年,「自然言語処理による診断支援技術の開発」,研究代表者:荒牧英治,78,000千円.
  22. 科学研究費補助金 研究成果最適展開支援事業 A-STEP(ハイリスク挑戦タイプ),2012年〜2013年,「自然言語処理とオントロジーに基づく自由テキスト入力支援の医療文書への応用」,研究分担者:荒牧英治(代表者:増市博),20,000千円.
  23. 科学研究費補助金 研究成果最適展開支援事業A-STEP探索タイプ,2010年,「自然言語による病理文字情報教師データ作成支援システムの開発」,研究分担者:荒牧英治(代表者:守谷哲郎),5,000千円.

共同研究費

  1. 公益財団法人一般用医薬品セルフメディケーション振興財団, 2016年, 共同研究者:荒牧英治 (研究代表者: 臼井美沙), 770千円.
  2. 株式会社ハカルス, 2016年, 研究代表者: 荒牧英治, 600千円.
  3. 富士ゼロックス, 2016年, 研究代表者: 荒牧英治, 500千円.
  4. ネクスト株式会社, 2016年, 研究代表者: 荒牧英治, 50千円.
  5. モスフードサービス株式会社, 2016年, 研究代表者: 荒牧英治, 500千円.
  6. 日工組社会安全財団助成金, 2014年〜2015年, 研究分担者:荒牧英治 (研究代表者: 山下倫央), 2,600千円.
  7. 浦上食品・食文化振興財団, 2014年〜2015年, 研究分担者:荒牧英治 (研究代表者: 灘本明代), 2,280千円.
  8. NTCIR MedNLP-2, NII共同研究費, 2013年〜2014年, 研究代表者:荒牧英治, 1,000千円.
  9. 厚生労働省企画競争,2010年,「医療情報システムのための医療知識基盤データベース研究開発事業」, 研究分担者:荒牧英治 (研究代表者: 大江和彦).
  10. 未踏ソフトウェア創造事業(未踏本体),2001年,「パーソナライズドインターネット視聴システム,研究代表者:荒牧英治, 7,600千円.
  11. 未踏ソフトウェア創造事業(未踏本体),2000年,「自然言語パートを含む暗意ー実現モデルによる自動作曲システム」, 研究代表者:荒牧英治, 1,000千円.

寄付金

  1. 奨学寄付金,2014年,富士ゼロックス(株), 「医療言語処理の国際ワークショップ開催に関する協賛」, 研究代表者:荒牧英治, 200千円.
  2. 奨学寄付金,2014年,(株)アイアールアルト, 「医療言語処理の国際ワークショップ開催に関する協賛」, 研究代表者:荒牧英治, 50千円.
  3. 奨学寄付金,2013年,(株)PSS, 「違法動画に関する調査研究」, 研究代表者:荒牧英治, 500千円.
  4. 奨学寄付金,2012年,(株)カレン,「ソーシャルメディア上の発言の分類器の構築に関する研究」, 研究代表者:荒牧英治, 500千円.
  5. 奨学寄付金,2012年,(株)UTIX, 「気象データを用いた風邪流行予測サイト・カゼミルの高度化」, 研究代表者, 研究代表者:荒牧英治, 500千円.
  6. 奨学寄付金,2012年,(株)ブルワーク,「生命科学DB横断検索」,研究代表者:荒牧英治, 500千円.
  7. 奨学寄付金, 2012年,Microsoft Research Asia(マイクロソフトアジア研究所),CORE8,「患者モデルを用いた疾患観測モデルの構築に関する研究」研究代表者:荒牧英治, 1,000千円.
  8. 奨学寄付金,2010年,Microsoft Research Asia(マイクロソフトアジア研究所),Microsoft Research Asia eHealth Theme Program, 研究代表者: 荒牧英治, 1,500千円.
  9. 奨学寄付金,2010年,(株)UTIX, 「ウェブからの疾病情報の大規模かつ即時的な抽出手法」, 研究代表者, 研究代表者:荒牧英治, 500千円.

招待講演

  1. 荒牧英治: 「皆が作り出すデータ」としてのSNSから社会の心を読む, 日本心理学会シンポジウム「データの時代の心理学を考える」, 2017. (2017/09/20-22, 久留米)
  2. 荒牧英治: 「言語学と医学の間で(仮)」, 京都言語学コロキアム年次大会(KLCAM), 2017. (2017/08/27, 京都大学)
  3. 荒牧英治, 若宮翔子: 「ソーシャルが拓く未来の医療/健康」, 2017. (2017/07/21, 中之島センタービル,大阪)
  4. 荒牧英治: 「人工知能による副作用シグナル検出のこれまでとこれから」, 医薬品情報学会総会・学術大会(JASDI), 2017. (2017/07/08,慶應大学,東京)
  5. Eiji Aramaki: 「iPS cell researches on Social Media (iPS細胞研究をめぐる世論に関するツイッター研究)」 Ethical Issues Involved in iPS/Stem Cell and Genetic Research and Therapy, Uehiro/Carnegie/Oxford Conference(上廣・カーネギー・オックスフォード倫理会議). (2017/05/26,東京)
  6. 荒牧英治: 「Webビッグデータからの医療情報抽出」 独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)科学委員会講演, 2017. (2017/04/20,東京)
  7. 荒牧英治: 「人工知能による言語解析 〜スマホを使った語彙力による認知症スクリーニングの可能性〜」, 金沢大学子どものこころの発達研究センター, 2017. (2017/04/13,金沢大学,金沢)
  8. 荒牧英治: 「花粉症とソーシャル・メディア」, 花粉症協議会セミナー, 2017. (2017/03/16,上野,東京)
  9. 荒牧英治: 「ビックデータ時代の情報処理の可能性 〜語りを数値化する技術を中心に〜」, 公益財団法人東京都医学総合研究所セミナー, 2017. (2017/02/27, 東京)
  10. 荒牧英治: 「花粉症対策のこれまでを聴き、その未来を探る」, 花粉と花粉症の科学セミナー(国立科学博物館), 2017. (2017/02/25, 東京,国立科学博物館)
  11. 荒牧英治: 「人工知能の社会応用 〜医療・健康分野を中心に〜」, アントレプレナー人材育成プログラムGEIOT, 2017. (2017/02/10, 大阪)
  12. 荒牧英治: 「すぐそこまできた人工知能 〜情報処理の医療応用〜」, 第4回医療ICTカンファレンス, 2016. (2016/12/09, 東京) [ホームページ]
  13. 荒牧英治: 「自然言語処理の医療応用」, 電子情報技術産業協会(JEITA)セミナー, 2016. (2016/11/08, 東京)
  14. 荒牧英治: 「ことばで医療を変える 〜自然言語処理の医療応用〜」, 情報処理学会連続セミナー「スマートなヘルスケアとライフケア」, 2016. (2016/09/30, 東京)
  15. 荒牧英治: 「ソーシャルで みまもる健康社会」, 平成28年度 創立25周年記念学術講演会, 2016. (2016/09/28, 奈良)
  16. 荒牧英治: 「ソーシャルメディアと現実との差異を生む心理」, 日本認知科学会「学習と対話」研究分科会, 2016. (2016/08/24, 京都)
  17. 荒牧英治: 「ソーシャル・シティ」特別ゲスト, 放送大学,2016. (2016/08/16, 千葉)
  18. 荒牧英治: 「情報処理の医療応用の可能性」, 京都大学, 2016. (2016/06/29, 京都)
  19. 荒牧英治: 「クラウドソーシングが拓く新たな医学知」, 人工知能学会全国大会 オーガナイズドセッション「ヒューマンコンピュテーションとクラウドソーシング」, 2016. (2016/06/06, 福岡)
  20. 荒牧英治: 「言語処理が拓く未来の医療」,バイオメクフォーラム21研究会, 2016. (2016/04/16, 大阪大学,大阪)
  21. 荒牧英治: 「語りを活かす〜ライフログとしてのニフティ・テキスト〜」, NIFTY-Serve フォーラム研究報告会 基調講演, 2016. (2016/03/29, お台場, 東京)
  22. 荒牧英治: 「医療ビッグデータとしての病いと語り」, 京都大学SPH健康情報学 eヘルス概論講演, 2015. (2015/12/18, 京都)
  23. 荒牧英治: 「言語処理がつくる医療と情報のシナジー」, Synergy!LIVE2015, 2015. (2015/12/08, 東京)
  24. 荒牧英治: 「ウェブテキストからみえる医療倫理」, 京都大学iPS細胞研究所(CiRA), 2015. (2015/9/25, 京都)
  25. 荒牧英治: 「ビッグデータが変える暮らし 〜街歩きから花火大会まで〜」, 鳥取大学公開講座, 2015. (2015/9/8, 鳥取)
  26. 荒牧英治: 「テキストデータを対象にした医療に関するビッグデータ解析の動向」, 医療の質安全学会・学際的医療研究入門WS, 2015. (2015/9/5, 東京)
  27. 荒牧英治: 「twitter解析における現実と言語の差異」, コーパス日本語学ワークショップサテライトシンポジウム, 2015. (2015/9/4, 東京)
  28. 荒牧英治: 「医療における自然言語処理応用 〜ビッグデータからディーブデータまで〜」, 情報処理学会東海支部主催講演会 2015. (2015/7/22, 名古屋)
  29. 荒牧英治: 「情報学が変える医療:人を活かす情報処理研究へ」, NAISTセミナー, 2015. (2015/6/19, 奈良)
  30. 荒牧英治: 「ことばが救う命」, 奈良SSHフェスティバル, 2015. (2015/3/15, 奈良)
  31. 荒牧英治: 「産業日本語としての医療カルテ文章」, 産業日本語シンポジウム, 2015. (2015/2/24, 東京)
  32. 荒牧英治: 「集合知で健康を」, KRPワイコイン・ランチトーク, 2015. (2015/2/27, 京都)
  33. 荒牧英治: 「さまざまな自由記載テキストから医薬品情報を抽出する」, 中外製薬社内セミナー, 2015. (2015/1/6, 東京)
  34. 荒牧英治: 「Webビッグデータが変える医療」, 鳥取大学公開講座, 2014. (2014/12/19, 鳥取)
  35. 荒牧英治: 「Webビッグデータの可能性 〜3つの事例をもとに〜」, 第34回医療情報学連合大会大会企画, 2014. (2014/11/7, 千葉)
  36. 荒牧英治: 「自然言語処理で医療データを活かす」, アーキタイプ研究会, 2014. (2014/9/13, 京都)
  37. 荒牧英治: 「医療分野ビッグデータと言語処理」, 京都大学 School of Public Health 講演, 2014. (2014/7/11, 京都)
  38. 荒牧英治: 「医療分野ビッグデータの可能性」, 四国組込みソフトウェア研究部会(SES)講演会, 2014. (2014/6/6, 愛媛)
  39. 荒牧英治: 「言語処理が拓く医療の可能性」, 人工知能学会セミナー, 2014. (2014/4/18, 東京)
  40. 荒牧英治: 「患者と医師が使う言葉の違い: ~工学的アプローチからの闘病記の医学的な応用に向けて~」, 闘病記研究会シンポジウム「闘病記を科学する」, 2014. (2014/3/2, 東京)
  41. 荒牧英治,北雄介,仲村哲明,久保圭,島本裕美子,臼田泰如,宮部真衣: 「100人マップ: 100人で作る京都地図」, 第5回集合知シンポジウム, 2013. (2013/12/04, 東京)
  42. Mizuki Morita, Kano Yoshinobu, Ohkuma Tomoko, Mai Miyabe, Eiji Aramaki: "MedNLP Task at NTCIR2012-13 & 2013", CLEF eHealth 2013, 2013. (2013/9/27, Valencia, Spain)
  43. 荒牧英治: 「ソーシャルメディアで命を救う」, ヒューマンインタフェースシンポジウム・ワークショップ, 2013. (2013/9/10, 東京)
  44. 荒牧英治: 「人間と自動翻訳機,その長所と短所」, びわ湖国際医療フォーラム, 2013. (2013/7/7, 滋賀)
  45. 荒牧英治: 「医療の知の構造化」,知の構造化センターシンポジウム, 2013(2013年2月2日, 東大).
  46. 荒牧英治: 「医療ーソーシャルメディアー言語」, NAIST先進ゼミナール, 2013. (2013/12/3, 奈良)
  47. 荒牧英治: 「臨床文書の言語処理の可能性」, 自治医大・東大・産総研地域医療と情報技術のマッチングワークショップ, 2013. (2013/1/10, 自治医科大学, 埼玉)
  48. 荒牧英治: 「医療テキストの可能性 ~0/1でないデータを活かす~」, G-pro講演, 2012. (2012/12/18, 東京)
  49. 荒牧英治: 「ソーシャルメディアの自然言語処理」, 高度言語情報融合フォーラム(ALAGIN)セミナー, 2012. (2012/11/14,東京)
  50. 荒牧英治: 「災害と医療情報」東日本大震災ビッグデータワークショップ, 2012. (2012/10/28,東京)
  51. 荒牧英治: 「ソーシャルメディアを用いた自然言語処理の応用」, NICT, 2012. (2012/10/11, NICT, 京都)
  52. 荒牧英治: 「テキスト世界は必ずしも現実世界を反映しない」, 情報処理学会第74回全国大会, 2012. (2012/3/6, 名古屋工業大学)
  53. 荒牧英治: 「言語処理によるシグナル検出に向けて」, 製薬協/医薬品評価委員会, 2012. (2012/3/2,東京)
  54. 荒牧英治: 「テキスト世界の歪み: 文章から現実世界を測るということ」, 筑波大学/知的コミュニティ基盤研究センター・コロキウム 2012. (2012/2/24, 筑波大学)
  55. 荒牧英治: 「自然言語処理とTwitter」, 高度言語情報融合フォーラム(ALAGIN)セミナー講師, 2012. (2012/1/5,東京)
  56. 荒牧英治: 「災害対応の革新に向けた情報通信技術」, けいはんな情報通信オープンラボシンポジウム, 2011. (2011/12/1, 京都)
  57. 荒牧英治: 「文字情報と病理」, 第100回日本病理学会総会ワークショップ, 2011. (2011/4/29,横浜)
  58. 荒牧英治: 「医療クラウドに向けての動向」, 言語グリッドシンポジウム, 2011. (2011/2/21,京都大学)
  59. 荒牧英治: 「医療知識の構造化」, 知の構造化センターシンポジウム, 2011. (2011/2/5,東京)
  60. 荒牧英治: 「NLP in Hospitals」, The Second KYOTO Workshop, 2011. (2011/1/28,岐阜).
  61. 荒牧英治: 「言語処理と医工連携」, 知の構造化センターシンポジウム, 2009. (2009/11/21, 東京)
  62. 荒牧英治: 「NLP in Hospital」, NICT/MASTARプロジェクト, 2009. (2009/9/29, 京都)
  63. 荒牧英治: 「電子カルテの現在とその可能性」, 社団法人電子情報技術産業協会 (JEITA)情報アクセス技術分科会, 2009. (2009/7/14, 東京)
  64. 荒牧英治: 「言語処理技術の臨床データ解析への応用」, 医療と情報技術の連携イノベーションフォーラム, 2008. (2008/12/2, 東京)
  65. 荒牧英治: 「Google n-gramデータによる新語の意味解析」, GSKセミナー, 2008. (2008/10/31, 東京)
  66. 荒牧英治: 「コンテンツホール検索のための掲示板対話の解析」, jDBワークショップ, 2008. (2008/6/19, 北海道)
  67. 荒牧英治: 「電子カルテ解析のための用語特定処理」, 医療知識基盤データベースと用語・言語・知識処理シンポジウム, 2008. (2008/3/13, 東京)
  68. 荒牧英治: 「臨床医学オントロジーを構築にむけた医学コーパスからの知識抽出手法」, オントロジー学際会議, 2006. (2006/3/10, 東京)
  69. 荒牧英治: 「自然言語処理技術によるオントロジー自動構築の試み」, 第1回 臨床医学オントロジーシンポジウム, 2006. (2006/7/28, 東京)

展示

  • 野老朝雄 今井健 荒牧英治, インスタレーション, motion award ラフォーレ原宿美術館, 2006.
  • 野老朝雄 今井健 荒牧英治, インスタレーション, Electrical Fantasista BankART studio NYK, 2006.
  • 野老朝雄 今井健 荒牧英治, インスタレーション, DesignTide in Tokyo, 2005.
  • 野老朝雄 今井健 荒牧英治, インスタレーション, 東京神田 ムサシノビル, CET05 (Central East Tokyo 2005), 2005.
  • 荒牧英治 佃誠玄野, インスタレーション, Inter Media Translation ~媒体-間-翻訳展~ (インスタレーション)(京都芸術センター共催事業), 2005.

略歴

  • 1993 (平成5年3月) 兵庫県立 長田高等学校卒業
  • 1994 (平成6年4月) 京都大学 総合人間学部 基礎科学科 入学
  • 2000 (平成12年3月) 京都大学 総合人間学部 基礎科学科 卒業 (指導教官:山梨正明)
  • 2000 (平成12年9月-12月) 日本IBM株式会社 東京基礎研究所 学生研究員
  • 2000 (平成12年4月) 京都大学大学院 情報学研究科 入学
  • 2002 (平成14年3月) 京都大学大学院 情報学研究科 修了 (指導教官:黒橋禎夫)
  • 2002 (平成14年4月) 東京大学大学院 情報理工系研究科 入学
  • 2002/04-2005/03 (平成14年10月-平成17年3月) ATR 音声言語コミュニケーション研究所 研修研究員
  • 2005/03 (平成17年3月) 東京大学大学院 学位(情報理工)取得
  • 2005/04-2008/03 (平成17年4月-平成20年3月) 東京大学医学部附属病院 企画情報運営部 特任助教
  • 2009/04-2010/03 (平成21年4月-平成21年3月) 東京大学 医学系研究科 非常勤講師
  • 2008/04-2013/03 (平成20年4月-平成25年3月) 東京大学 知の構造化センター 特任講師
  • 2010/10-2013/03 (平成22年10月-平成25年3月) 科学技術振興機構(JST)さきがけ研究員 (兼任)
  • 2012/04-2013/03 (平成23年4月-平成25年3月) 東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 大学院担当教員(授業担当)
  • 2013/04-2015/08 (平成25年4月-平成27年9月) 京都大学デザイン学ユニット 特定准教授
  • 2015/09-現在 (平成27年9月-) 奈良先端科学技術大学院大学 研究推進機構 ソーシャル・コンピューティング研究室 テニュア・トラック特任准教授

趣味 及び その他の活動

  1. 作曲と絵画制作