模擬診療録コーパス

    電子カルテの普及により,過去例を見ない大規模な統計的研究や医療支援システムが現実のものとなりつつあります. この電子カルテデータをさらに有効に利用するために, 自動匿名化,医療表現(日付表現,疾患表現,薬品表現)の抽出, 正規化など多くの言語処理研究が必要です. しかし,その必要性に反して,カルテ文章の入手及び研究利用は困難です. そこで,我々は,教育用の模擬カルテ文章や,仮想患者のカルテ文章を構築し,研究利用可能な形で配布しています. 本データは大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム 「コメディカル養成のための教育用電子カルテシステムおよびデータベースの構築と実践」 にて作成された模擬の診療録です. 診療録とは医療者(医師または看護師など)が通常,患者を前にして記述する文章です.
    GSK(言語資源協会)からお申し込み下さい.

    Description 本データは大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム「コメディカル養成のための教育用電子カルテシステムおよびデータベースの構築と実践」にて作成された模擬患者診療記録からテキスト部分を抜粋したデータへ,アノテーションを付与したものです. 詳細は,マニュアルをご参照下さい.
    Creator 教育用電子カルテ共同利用協議会, 荒牧英治(京都大学 デザイン学ユニット、東京大学 知の構造化センター)
    LanguageJapanese
    FormatUTF-8
    Sample サンプル

    MedNLP-2 電子カルテコーパス

    日本語電子カルテ文章を用いたシェアード・タスク「MedNLP-2」にて配布された電子カルテ文章です. 医療分野にチャレンジしてみたいが,まずはどんな材料かみてみたい方. 院内システムを他院にて適応できるか試したい方,ふるってご利用下さい. NTCIRのページからお申し込み下さい.

    Description 近年,従来の紙を媒体とするカルテが急速に電子化されつつあります. カルテの電子化に伴い,紙カルテの時代には事実上不可能であった, 大規模な医療情報の利活用が期待されています. これに伴い,病名や医薬品名などの専門用語や,それに対応するコードの標準化, データ記録形式の標準化などが必須となり, それを効率よく行うために言語処理技術が注目されています. 本コーパスには,病名や時間表現,事実性がアノテートされており,日本語の医療文書からの情報抽出の評価が可能になります.これは,医療サービスの支援技術を発展させるためには欠かせない基礎技術です.
    Creator MedNLP事務局
    データサイズ 82 documents (172KB)
    LanguageJapanese
    FormatUTF-8
    Sample 工場に勤めている64歳の男性。
    <t>2025年月8月2日(来院5日前)頃</t>から <c icd="R104">腹痛</c>が生じるとともに, <c icd="R630">食欲不振</c>, <c icd="R11_">嘔気</c> ・ <c icd="R11_">嘔吐</c>出現した。
    体幹は温かく、<c icd="R579">ショック状態</c>。
    明らかな <c icd="G839" modality="negation">運動麻痺</c> はみられず。
    翌日, <c icd="R402">意識障害</c>出現し, <c icd="N289">腎機能障害</c>の増悪を認め, <t>8月9日18時10分</t>に <c icd="I469">心肺停止</c>。
    <t>8月9日21時44分</t> <c icd="R99_">死亡確認</c>。

NAIST-ARS コーパス・ガイドライン

Twitter サーベイランス・システムのためのアノテーション・ガイドライン

高齢者の語りのコーパス

    高齢者の語りの研究するためのコーパスです. 書き言葉だけでなく,音声発話とその書き起こしも収録し, さらに,認知テスト(長谷川式知能評価スケール)の結果も合わせて収載しています.

    本資源の入手に当たっては,「利用申請書兼誓約書」 に必要事項をご記入いただき,メール添付にて,事務局までお送り下さい. 本言語資源はメール添付で送信します. 実費にてCD-Rでの送付も可能です. 有料の場合、折り返しご請求書をお送りしますので, 宛名等ご指定のある場合は申請時にお知らせください. 教育・研究以外の目的で利用の場合,まずはmednlp事務局までご相談ください.
    [English page]

    Description: 高齢者のナラティブコーパス JELiCo (Japanese Elder’s Language Index Corpus). 本データは,高齢者のナラティブコーパス充実のため収集された音声データと作文形式のテキストデータの2つからなります. 30名の高齢者(平均年齢78才;認知症予備群7名を含む)の音声発話(平均20分)とその書き起こし,及び,作文(平均500文字)から構成されます.
    Creator mednlp事務局
    Price 手数料(送料実費)
    Language Japanese
    Format mp3, UTF-8
    Sample 音声サンプル (準備中), テキストサンプル (準備中)

集合知で地図をつくる

「100人でつくる京都地図」は,「京都大学デザインスクール」が発信する街歩きイベントです. 100人で京都の街を歩いて,「みんなの街の感じ方」を地図にしてしまおうというものです. この人数限定のイベントでのみ作られてきた「京都地図」が,アプリから誰にでもつくれる&使えるようになりました! このアプリで,京都を歩き,感じたことをつぶやけば,みんなの「感じ」を集めた、新しい京都の地図ができあがります.

入手法

よりダウンロードして下さい.

サイトマップ

関連サイト

ニュース

進行中の企業共同研究

進行中の科研プロジェクト

終了したプロジェクト

Copyright(C) sociocom.jp All Rights Reserved.