Kaoru Ito: CV (Updated 25th, May, 2017)

Researcher, MA
Nara Institute of Science and Technology
(Click here for Japanese page)

I study cognitive linguistics, rhetoric, discourse analysis and its application to medical informatics and social data analysis.

Education

M.A. Graduate School of Human and Environmental Studies, Kyoto University, 2012
B.A. Integrated Human Studies, Kyoto University, 2010

Academic Employment

Nara Institute of Science and Technology: Researcher, 2016-
Kyoto Institute of Technology: Part-time Lecturer, 2016-
Kyoto University: Part-time Lecturer, 2015-2016
Kyoto Notre Dame University: Part-time Lecturer, 2015-2016
Osaka Medical College: Part-time Lecturer, 2015-2016

Research

Bulletin Papers

  1. 伊藤薫. 2016. 「修辞表現と意味の衝突の解決 —詳細な記述方法の確立に向けての試論—」『大阪医科大学紀要 人文研究』第46・47号 pp. 28-50. 大阪医科大学.
  2. Ito, Kaoru. 2014. Metaphor and Consistency in Text: A Corpus-based Study. Papers in Linguistic Science, 20. Department of Linguistic Science, Graduate School of Human and Environmental Studies. 83-99.
  3. 伊藤薫. 2012. 「否定とレトリックについての一考察 : 『XもYもない』の用法について」『言語科学論集 第18号』 pp. 27-46, 京都大学大学院 人間・環境学研究科.

Conference Papers

  1. Camille Marie Ruiz, Kaoru Ito, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki: Loneliness in a Connected World: Analyzing Online Activity and Expressions on Real Life Relationships of Lonely Users, AAAI Spring Symposium on Wellbeing AI: From Machine Learning to Subjectivity Oriented Computing, 2017. (2017/03/29, Stanford University, US)
  2. 伊藤薫. 2015. 「直喩再考 ―”like”の機能と様々な修辞技法の関連について―」『日本認知言語学会論文集』第15巻 pp. 244-256, 日本認知言語学会.
  3. 伊藤薫. 2013. 「Opposed terms を基にしたオクシモロンの分類」『日本認知言語学会論文集 第13巻』 pp. 409-417, 日本認知言語学会.

Book Chapters

  1. 伊藤薫. 2016. 「文脈が修辞表現の理解に及ぼす影響」山梨正明 他(編)『認知言語学論考』No.13, pp. 345-372.
  2. 伊藤薫. 2013.「オクシモロンにおける矛盾の解決について―ドメインの観点から」 児玉一宏・小山哲春(編)『山梨正明教授退官記念論文集 言語の創発と身体性』 pp. 53-66, 東京:ひつじ書房

Oral Presentations

  1. 矢野憲, 伊藤薫, 若宮翔子,荒牧英治. 2017. 深層学習による医療テキストからの固有表現抽出器の開発とその性能評価. 人工知能学会全国大会 (JSAI), (2017/05/23, 名古屋大学)
  2. 荒牧英治, 岡久太郎, 矢野憲, 若宮翔子, 伊藤薫. 2017. 大規模医療コーパス開発に向けて, 言語処理学会 第23回年次大会, (2017/03/17, 筑波大学)
  3. 伊藤薫, 荒牧英治, 磯颯, 矢野憲, 若宮翔子, 安藤俊太郎, 西田淳志. 2017. 思春期コホートにおける自由記述文長とウェルビーイング, 言語処理学会 第23回年次大会, (2017/03/16, 筑波大学)
  4. 柴田大作, 若宮翔子, 伊藤薫, 荒牧英治. 2017. JIWC: クラウドソーシングによる日本語感情表現辞書の構築, 言語処理学会 第23回年次大会, 2017. (2017/03/15, 筑波大学)
  5. 羽藤由美, 竹井智子, Healy, Sandra, 神澤克徳, 伊藤薫. 2015. 「大学入試への英語スピーキングテスト導入:CBT方式によるパイロットテストの検証」, 大学英語教育学会 第54回国際大会, (2015/8/29, 鹿児島大学)
  6. 伊藤薫. 2014.「直喩再考 ―"like"の機能と様々な修辞技法の関連について―」, 日本認知言語学会 第15回全国大会, (2014/9/21, 慶應義塾大学)
  7. 伊藤薫. 2013.「文脈が修辞表現の理解に 及ぼす影響―アレゴリーと異義兼用を中心に」, 言語科学会 第15回年次国際大会, (2013/6/28, 活水女子大学)
  8. 伊藤薫. 2012.「Opposed termsを基にしたオクシモロンの分類」, 日本認知言語学会 第13回全国大会, (2012/9/9, 大東文化大学)
  9. 伊藤薫. 2012.「オクシモロンにおける反義のプロトタイプ性について」, 言語処理学会 第18回年次大会, (2012/3/14, 広島市立大学)

Poster Presentations

  1. 伊藤薫. 2014.「比喩表現コーパスの構築と問題点 -言語学の立場から-」, 言語処理学会第20回年次大会, 北海道大学, 2014年3月18日